長い必須の祈り

長い必須の祈り

(24時間に一度唱える)

この祈りを唱える者は起立して神に向い、最も慈悲深く、哀れみ深き主の慈悲を待ち望むかのようにして左右を仰ぎ、次いで唱えよ。

すべて名のあるものの主に在し、宇宙の創造者にまします神よ、みいず高く在し、栄光に輝き給うあなたの不可視の御本質なる御方達により願いまつる。私のこの祈りをして、あなたの美から私をさえぎる諸々の暗幕を焼き尽くす炎となし、あなたの御前の大洋に私を導く光となし給え。

次に聖く高貴なる御方にまします神に嘆願の両手を上げて唱えよ。

おお世界の希望の的に在し、人類の最愛なる御方にまします神よ。あなたを仰ぎまつり、あなた以外のものに対するすべての執着をすて去り、その働きにより全宇宙を奮い立たせ給いましたあなたの御綱にすがりまつる私をみそなわせ給え。主よ、私はあなたの僕であり、あなたの僕の子であります。御心にかなうことのみを願い、御念願を果たし、御希望に添う用意の整った私をみそなわせ給え。御慈悲の大洋と御恩寵の昼の星とにより願いまつる。僕を御心とおぼしめしにかなうままにあしらい給え。いかなる表現も讃美もとうてい及ぶことのできないあなたの御威力により誓いまつる。あなたの示し給うものは皆私の心の望みであり、私の魂の慕いまつるものであります。おお神よ、我が神よ、願わくは、私の抱く希望と、私の行いとには御眼を向け給わず、ただ天と地をあまねく包み給うあなた御自身の御心のみをみそなわせ給え。全人類の主よ、最大の御名により誓いまつる。私は、あなたの望み給うことのみを望み、あなたの愛し給うもののみを愛しまつります。

次にひざまずき、額を地につけて唱えよ。

あなたは御自身以外のいかなる者の表現も、あなた以外のいかなる者の理解力も及び得ないほど高く貴い御方に在します。

次に起立して唱えよ。

主よ、私の祈りをして生命の泉となし給え。そしてあなたの御主権の続く限り私がこの泉により生き、あなたの諸々の世を通じてあなたについて述べることができるようなし給え。

次に再び嘆願の両手を上げて唱えよ。

御愛情の炎により全世界を燃え立たせ給いました主よ。あなたとの別離は心も魂も溶かしてしまいます。おお全人類を治め給う神よ、あなたのもとにあるものを私に拒み給うよう、万物を治め給うあなたの御名により願いまつる。主よ、御威力の天蓋のもとにあり、御慈悲の境内に位置する最も崇高なる自らの住まいに急ぐこの旅人をみそなわせ給え。御寛容の大洋を探し求めるこの罪人を、御栄光の宮廷を求めるこの卑しい者を、そしてあなたの御豊さの地平線を追い求めるこの貧しい者をみそなわせ給え。御心のままに命じ給う御主権はあなたと共にあります。あなたのなし給うことは讃美され、あなたの定め給うことは遵守されます。そしてあなたは御命令を下すになんらの拘束も強いられぬ御方に在しますことを証言いたします。

次に両手を上げて「最大名」を三度唱えよ。そして聖く高貴なる御方にまします神の御前に腰をかがめ、両手を膝において唱えよ。

おお我が神よ。あなたを礼拝し、あなたを記憶し、そしてあなたをほめたたえまつろうとする切なる思いに、私の心がこの体とその四肢の内にあっていかに奮い立っているかを、また御言葉の王国と御英知の天上においてあなたの御命令の舌が証言し給うことを、私の心がいかに認めまつっているかをみそなわせ給え。おお我が主よ、この状態にあって私が切望するは、あなたと共にあるすべてのものを私にも与え給うようこいねがうことであります。それにより私は自らの貧しさを示し、あなたの御恩恵と御豊さを讃美し、私の無力なることを言明し、あなたの御力と御威力とを表明することができましょう。

次に起立し、嘆願の両手を二度上げて唱えよ。

全能者に在し、すべてに恩寵深き御方にましますあなたの他に神はいまさず、始めにも終りにも御命令者にましますあなたの他に神はありません。おお神よ、我が神よ。御許しは私を勇気づけ、御慈悲は私を力づけ、御呼び声は私を目覚めさせ、そしてあなたの御恩寵は私を起ち上がらせ、あなたの御前へと導きました。さもなければあなたのおそばの都の門前に立ち、御心の天上より輝きわたる御光を仰ぎ見まつることがどうして私にできましょうか。主よ、あなたは御恩寵の御扉をたたくこの哀れな者を御覧になり給う。御恩恵の御手からもれる永遠の命の流れを求めるこのつかのまのはかない魂を御覧になり給う。おお.すべての名の主にまします君よ。命令するは常にあなたにあり、御心に身をゆだね、進んで服するは私にあります。おお、天の創造者よ。

次に両手を三度上げて唱えよ。

神はすべての偉大なる者を越えて偉大に在します。

次にひざまずき、額を地につけて唱えよ。

あなたのおそば近く仕えまつる人々の唱える讃美も、到底、あなたの御前の天上に及ぶことはできず、自らをあなたにささげまつる人々の心の鳥も、決してあなたの門の御扉に行き着くことはできないほどにあなたはいと高き御方に在します。あなたはすべての属性を越えて神聖に在し、いかなる名称をも越えて気高く在しますことを証言いたします。最も高遠にして御栄光に満ち給う御方なるあなたの他に神はありません。

次に座して唱えよ。

万物が言明し、天上の集合が証言し、そして最も高きにある楽園の住民たち、それらを越えて栄光の地平線上より荘厳な御言葉そのものが証言されたことを私もここに証言いたします。あなたは神に在し、あなたの他に神はいまさぬことを。また、現わし給いました者は隠されたる神秘にして秘蔵の御しるしであり、「存在」の二文字は彼によりつながれ、結合されましたことを。そして最も崇高なる御方の筆により書きとめられたのは彼の名であり、天上の王座と地上の主にまします神の諸々の書に記されたる者は彼にほかならないことを。

次に起立して唱えよ。

すべての存在の主に在し、目に見えるもの、見えぬものすべての所有者にまします主よ。あなたは私の涙と私のもらす溜息に気付き給う。そして私のうめきと、泣き叫ぶ声と私の心の嘆きとを聞き給う。御威力にかけて申します。私の犯した悪行はあなたへ近づくことを阻み、私の罪は私をあなたの聖き宮廷から遠く引き留めています。おお我が主よ、あなたの御愛情は私を豊かにし、あなたとの別離は私を破滅させ、あなたから遠く隔てられることは私を消滅させました。この荒れ野に印されたあなたの足跡により願いまつる。また、この広漠たる地で、あなたの選び給うた人々によって発せられた「ここに我あり、ここに我あり」という言葉により、そしてあなたの御啓示の息吹と、御出現の曙の微風とにより懇願しまつる。どうか私に、あなたの美を仰ぎ見ることを許し給い、御聖典に記されたことのすべてを守らせ給え。

次に「最大名」を三度唱え、腰をかがめ、両手を膝において唱えよ。

おお我が神よ、私はあなたの御助けによりあなたを記憶し、讃美しまつることができました。あなたは御しるしの曙にまします御方を私に知らしめ給い、御主権の御前にひざまずかせ、御神性の御前にひれ伏させ給いました。そして荘厳なる御口からもれる御言葉を認めさせ給いました。それ故、あなたを讃美しまつる。

次に起立して唱えよ。

おお神よ、我が神よ。私の背は私の犯した罪の重荷で曲り、私の無思慮は私を破滅に追いやりました。自らの悪行とあなたの御仁愛を思うたびに私の心は私の中で溶け、私の血潮は体中で煮え返ります。全世界の希望の的にまします神よ、あなたの美にかけて申します。垂れた頭をあなたの御顔に向けるにも私は赤面し、あまりの恥ずかしさで、あこがれに燃えるこの手をあなたの御恵みの天上に差し伸べることもできません。おお神よ、天上の王座と地上の主にまします君よ。あなたは私の涙があなたを思いまつることや、あなたの御美徳をたたえまつることをいかに妨げているかを見給う。あなたの王国の御しるしと御国の神秘とにより願いまつる。おおすべての存在の主よ、愛し給う人々を御恩恵にふさわしいように扱い給え。また彼らを御恩寵にかなうままにあしらい給え。おお、目に見えるもの、見えぬもの、すべてのものの王にまします御方よ。

次に「最大名」を三度唱え、ひざまずき、額を地につけて唱えよ。

おお、我らの神よ、あなたをほめたたえまつる。あなたは私どもをあなたのおそば近く導くものを遣わし給い、御聖典を通じて下し給いましたあらゆる良きものを与え給いました。おお、我が主よ、愚かな迷いと、むなしい妄想の軍勢より私どもを守り給うよう嘆願いたします。まことにあなたは御威力に満ち給う全知の御方に在します。

次に頭を上げて座して唱えよ。

おお我が神よ、あなたの選び給うた人々が証言いたしましたことを私もここに証言いたします。そして最も高きにある楽園の住民たちと、あなたのみいず高き王座を取り囲む人々が認めたものを私もここに認めます。天上と地上の王国は皆あなたのものであります。おおあらゆる世界の主にまします神よ。

バハオラ