集会


集会

栄光に輝く主なる神よ。御恩寵の嵐により、また御目的の曙(あけぼの)であり、御霊感の黎明(れいめい)の場である人々により願いまつる。私と、あなたの御顔を求めまつる者皆の上に、あなたの御寛容と、いと豊かな御恩寵にふさわしく、御恵沢と御恩恵に値するものとを授け給え。おお我が主よ、貧しく哀れな私をあなたの富の大洋に沈め給え。渇きにあえぐ私に御慈愛の流水から飲ませ給え。

あなた御自身により願いまつる。また、天と地にあるすべてのものに対するあなた御自身の存在と、あなたの識別力に満ちた御言葉を顕示する者として定め給いました偉大なる御方により願いまつる。僕らをみな恩寵深き神意の木陰に集め給え。

そして彼らがその木の実の宴(うたげ)にあずかり、その木の葉のそよぎと枝に歌う聖なる小鳥の甘美なメロディーに耳を傾けるよう助け給え。まことにあなたは危急の場の救助者に在し、得がたい御方にましまし、全能にして最も御恵み深い御方にまします。

バハオラ

おお、慈悲深き神よ。おお、強大(きょうだい)にして力強き御方よ。おお、最も優しき父なる御方よ。この僕(しもべ)らはともに集り、あなたの方へ向かい、あなたの敷居を求めて嘆願し、あなたの偉大なる確信から、限りなき御恩恵を求めております。彼らには、あなたのお喜び以外に何の目的もありません。彼らは、人類世界への奉仕以外に何の意図もありません。

おお神よ。この会合を輝かしいものとなし給え。彼らの心を慈悲深いものとなし給え。聖霊の御恩恵を下し給え。天よりの力を彼らに授け給え。彼らを天なる知性で祝福し給え。彼らをより誠意あるものとなし給え。それにより、この上ない謙虚さと悔悟(かいご)の心で御国(みくに)へ向かい、人類世界への奉仕に専念しますように。彼らのめいめいが輝く蝋燭(ろうそく)となり、輝かしい星となりますように。さらに、神の御国(みくに)において、色麗しく、かぐわしい香りに満ちたものとなりますように。

おお、優しき父よ。祝福を下し給え。われらの短所を考慮し給うな。また、私どもを御保護の下にかくまい給え。われらの罪を記憶し給うな。ご慈悲をもってわれらを癒し給え。私どもは弱きものであり、あなたは強大(きょうだい)におわします。私どもは貧しく、あなたは豊かにおわします。私どもは病んでおり、あなたは医師におわします。私どもは困窮した者であり、あなたはまことに寛大なる御方にまします。

おお神よ。あなたの摂理をわれらに授け給え。あなたは力強き御方におわし、与え給う御方、お情け深い御方におわします。

アブドル・バハ

おお、お優しき主よ。この会合に集う者らはあなたの僕(しもべ)であり、あなたの御国(みくに)へ向かい、あなたの賜物と祝福を必要としております。おお、神である御方よ。すべての生命の本質に託されたあなたの一体性の御印を顕し、明らかにし給え。これら人間の真髄に潜(ひそ)ませ、隠し給うた諸々の美徳を明示し、現し給え。

おお神よ。私どもは植物のようであり、あなたのご恩恵は雨のようなものであります。あなたの賜物を通してこれらの植物を生き返らせ、成長させ給え。私どもはあなたの僕(しもべ)であります。物質的存在の拘束からわれらを解放し給え。私どもは無知なものでありますから賢くなし給え。私どもは死者であります。生あるものとなし給え。私どもは物質的存在であります。精神を授け給え。私どもは恵まれぬものであります。あなたの神秘に親しく交わるものとなし給え。私どもは困窮しております。あなたの無限の財宝により私どもを豊かにし、祝福し給え。おお神よ。私どもを蘇らせ給え。視力を与え、聴力を与え給え。また、生命の神秘に親しませ給え。それにより、御国(みくに)の秘密がこの生存の世界で私どもに明かされ、私どもはあなたの一体性を証言することができましょう。あらゆる祝祷(しゅくとう)はあなたのものであります。

あなたは強大(きょうだい)なる御方におわし、力強き御方、与え給う御方、常にご恩恵深き御方におわします。

アブドル・バハ

おお、わが神よ。おお、わが神よ。まことに、この僕(しもべ)らはあなたを仰ぎまつり、あなたのご慈悲の御国(みくに)に願いをかけております。まことに、彼らはあなたの神聖さに引きつけられ、あなたの愛の火に燃え立たされております。そして、あなたのすばらしい御国(みくに)からの確証を求め、あなたの天上の領域に達したいと願っております。まことに、彼らはあなたの賜物が下されることを願い、実在の太陽に照らされることを求めております。おお主よ。彼らを輝くランプとなし給え。慈悲にあふれる印となし、果実を実らす木となし、きらめく星となし給え。彼らが、あなたへの奉仕に乗り出し、あなたの愛の絆(きずな)と縁で結ばれ、あなたのご恵沢(けいたく)の光を求めますように。おお主よ。彼らをして導きの印となし、あなたの不滅の王国の旗となし、ご慈愛の海の波となし、あなたの威厳の光の鏡となし給え。

まことに、あなたは寛大なる御方におわします。まことに、あなたは慈悲深き御方におわし、気高い御方、敬愛する御方におわします。

アブドル・バハ

おお、許し給う神よ。この僕(しもべ)らは、あなたの御国(みくに)に向かい、御恵(みめぐ)みと御恩恵を求め願っております。おお神よ。彼らの心を善良で純粋なものとなし給え。それにより彼らがあなたの愛にふさわしいものとなれますように。彼らの精神を清くなし、神聖になし給え。それにより実在の太陽の光が彼らの上に輝きますように。彼らの眼を清くなし、神聖になし給え。それにより彼らがあなたの光を感じ取れますように。また、彼らの耳を清くなし、神聖になし給え。それにより彼らがあなたの御国(みくに)の呼び声を聞くことができますように。

おお、主よ。まことに、私どもは弱き者、あなたは強大(きょうだい)なる御方におわします。まことに、私どもは貧しき者、あなたは御豊かなる御方におわします。私どもは探し求める者であり、あなたは探し求められる御方におわします。おお、主よ。私どもに哀れみを下し給い、許し給え。また、私どもに能力と感受性を授け給え。それにより、私どもがあなたの御恵沢(けいたく)に値する者となり、御国(みくに)に引きつけられますよう。また、生命の水を存分に飲み、あなたの愛の火で灯され、この輝かしい世紀に、あなたの聖霊の息吹により生き返らされますように。

おお神よ、わが神よ。この集会にご慈愛の眼差しを投げかけ給え。めいめいをあなたの保護と管理のもとに守り給え。これらの魂にあなたの天なる祝福を下し給え。彼らをして、あなたのご慈悲の海に浸し給い、聖霊の息吹で活気づけ給え。

おお主よ。あなたの恵み深き助けと確証をこの公正なる政府に授け給え。この国はあなたの保護のご加護のもとにあり、この国民はあなたに仕えるものであります。おお主よ。あなたの天なるご恩恵を彼らに付与し、あふれんばかりの御恵(みめぐ)みとご恵沢(けいたく)を、有り余るほど豊富に下し給え。この尊い国家が尊敬の的となり、あなたの御国に迎え入れられるようなし給え。

あなたは力強き御方におわし、全能の御方、慈悲深き御方、寛大なる御方、慈善心深き御方、豊富な御恵(みめぐ)みの主におわします。

アブドル・バハ

おお聖なる摂理よ。この会合は、あなたの美に引きつけられ、あなたの愛の火により燃え上がった友らの集いであります。これらの魂を天上の天使となし、聖霊の息吹により生き返らせ、雄弁な舌と固い決意を与え給え。彼らに天の力と慈悲深い感受性を与え給え。彼らが人類の一体性を宣布する者となり、人類世界の間での愛と調和の元となるようなし給え。それにより、無知なる偏見の危険な暗黒が真理の太陽の光を通して消え失せますように。また、この荒涼とした世界が明るくされ、この物質世界が精神世界の光線を吸収しますように。さらに、異なる色がひとつの色となり、賛美の旋律(せんりつ)がご聖域の王国へと昇っていきますように。

まことに、あなたは万能なる方、全能なる御方におわします。

アブドル・バハ

おお愛情深き供給者よ。これらの魂は御国の召喚に耳を傾け、真理の太陽の栄光に目をはせました。彼らは新鮮な愛の空へ舞い上がり、あなたの性質に魅せられ、あなたの美を崇拝するものであります。あなたの方へ向かい、共にあなたについて語り、あなたの住処(すみか)を探し、天なる領域の小川の水を渇望しております。

あなたはお与えになる方、授け給う方、常に愛情深き御方におわします。

アブドル・バハ