賛美と感謝

賛美と感謝

おお我が神よ、すべての栄光とみいずの源に在し、偉大さと誉れ、主権と支配、崇高さと恩恵、また、畏敬と権力の源泉にましますあなたを讃美いたします。

あなたは望み給う者を最大の大洋に招き寄せ、選び給う者には、いにしえより続くあなたの御名を知る栄誉を授け給いました。天と地にあるものは皆、御心の御はたらきに逆らうことはできません。あなたは永遠のいにしえより全創造物を支配し給い、未来永劫を通じてその御主権を続け給う御方に在します。あなたの他に神はいまさず、あなたは全能にして、最も崇高なる御方に在し、また、御力に満ち給い、すべてに賢き御方にまします。おお主よ、あなたを仰ぎ、拝することができますよう僕らの面を照らし給え。また、天恵の御宮居に向かい、あなた御自身の顕示者であり、あなたの御真髄の曙である者を認めることができますよう、僕らの心を洗い清め給え。まことにあなたは諸々の世界の主に在します。あなたの他に神はなく、あなたは全き自由な御方に在し、すべてのものを従えさせ給う御方にまします。

バハオラ

最も高遠なる御方、神の御名において。主におわし、万能の神であるあなたに誉れと栄光あれ。あなたの英知の御前では賢者も及ばず、無益となり、あなたの知識の御前では識者も無知を告白します。あなたの威力の御前では強者も弱々しくなり、あなたの豊かさの御前では富者も貧しさを証言し、あなたの御光の御前では啓発された者も闇の中に失せてしまいます。あなたの知識の聖廟はすべての理解力の精髄が向かうところであり、あなたの存在の聖域の周りは全人類の魂が旋回するところであります。

賢者の英知も、識者の学識も理解することができないあなたのご本質について、どうして私が歌い、語ることができましょう。なぜなら、何者も自らの理解し得ないことを歌うことはできず、達成し得ないことを語ることはできず、一方、あなたは、古より、接近不可能で、探求できない御方であるからです。私はあなたの栄光の天に昇ることもできず、あなたの知識の領域に舞い上がることもできませんが、あなたの輝かしい御業について語るあなたの御印を数え上げることはできます。

あなたのご栄光にかけて。おお、すべての心が敬愛する御方、あなたへの切望の苦悶を和らげることができる唯一の御方よ。あなたは、御印のなかに、また御印をとおしてご自身を啓示し給いました。あなたは、その最も小さな御印を称えるよう天と地に住むすべての者を融和させ給いましたが、彼らは、到底、あなたの象徴のすべての創造主、あなたの聖なる御言葉を賛美することはできません。

あなたにすべての賛美と栄光を。万物は、あなたが一つであり、古より、いかなる類似や対等をも超えて崇高におわし、永遠に、そのままであり給うあなたの他に神はいまさぬことを証言いたします。すべての国王たちはあなたの僕に過ぎず、目に見えるもの、見えぬもの、すべての生存物はあなたの御前では無に過ぎません。あなたの他に神はいまさず、あなたは恵み深き方、力強き方、最も高遠なる御方におわします。

バハオラ

主なる神よ、御名に誉れあれ。あなたは諸々のものに崇敬され、何ものをも崇拝し給うものなき御方に在します。また、あなたは諸々のものの主に在し、何ものの従者にも在さず、すべてを知り給い、しかもあなた御自身は何ものにも知られ給わぬ御方にまします。あなたは御自身を人間に卸らせ給うため、御口をもれる御言葉を通して創造物に命を与え、宇宙を創り給いました。あなたの他に神はいまさず、あなたは創り給う御方に在し、創造者にまします。また、全能の御方に在し、最も強力な御方にまします。

御心の地平線に輝く御言葉により願いまつる。選ばれた人々の心を活気づけ、あなたを愛する者らを鼓舞し給うための命の水を私にも心ゆくまで飲ませ給え、そしてまた私がいつ、どこででもわき目もふらず、ただあなたお一人を仰ぎ見まつりますよう助け給え。

あなたは御力の神、栄光と恩恵の神に在します。あなたの他に神はいまさず、あなたは最高の御支配者に在し、栄光に輝き給う御方に在しまし、知らぬことなき御方に在します。

バハオラ

あなたに栄光あれ、おお主よ、わが神よ。あなたに感謝を捧げます。あなたは、私にあなたご自身の顕示者を認識させ、私をあなたの敵から遠ざけ、あなたの御代における彼らの邪悪な行いと悪行を私の目に露にし、彼らへの愛着のすべてを私から取り除き、私が、完全に、御恵みと恩恵深きご恵沢へ向かうようなし給いました。再び感謝いたします。あなたは、不信心者らのささやきや誤った信仰の持ち主の暗示から私を聖別し、私の心をしっかりとあなたに据えつけ、御顔の光を否定する者らから私を解放するものを御心の雲より私に下し給いました。さらに感謝いたします。あなたは、私があなたへの愛に確固とし、あなたへの賛美を語り、あなたのご美徳を称えるよう、力を与え給いました。また、眼に見えるもの、見えざるものすべてに勝るご慈悲の杯より私に飲ませ給いました。

あなたは全能者、最も崇高なる方、栄光に満ちた方、全てを愛する御方におわします。

バハオラ

あなたに賛美あれ、おお主よ、わが神よ。私はあなたのことを述べようとする度に、あなたの地位の荘厳さとご威力の圧倒的な強さに妨げられます。なぜなら、たとえ私が、あなたの統治権やご主権が永続する限りあなたを賛美し続けたとしても、その賛美は、あなたの創造物であり、ご法令の力で生じさせられ、御心の力で形作られたものであるこの私のような者に対して益をもたらすだけだからであります。また、私のペンが、あなたの御名のいずれかに栄光を与えようとする時はいつも、あなたに遠く及ばないことを嘆いているそのペンの声が聞こえ、あなた御自身からの離別のために泣いている声を認めざるを得ません。あなた以外のものはすべて、あなたの創造物に過ぎず、あなたの掌に入ってしまうものであることを証言いたします。あなたが、あなたの創造物の行いや賛美を受入れ給うのは、あなたの御恵みと恩寵深き恵沢の驚異の証拠、寛大と摂理の現れでしかないのです。

おお、わが主よ。あなたは、最大名を通して光を火と区別し、真実を否定と区別し給いました。その最大名により懇願いたします。私と、私の友らの中にいる私の愛する者らのためにこの世と来たる世の良きものを下し給うよう。そして、人々の目に隠されているあなたの驚くべき贈り物を私どもに与え給え。まことにあなたは全創造物の形成者におわします。あなたの他に神はいまさず、あなたは全能者、栄光に満

ち給う御方、最も高遠なる御方におわします。

バハオラ

おお、わが神よ、すべての威厳と栄光、すべての統治権と光、壮大さと光輝があなたにあらんことを。あなたは、お望みになる者に主権を授け、お望みになる者にそれを保留し給います。あなたの他に神はいまさず、あなたはすべてを所有し給う御方、最も崇高なる御方におわします。あなたは、無から宇宙とそこに住むすべてのものを創り給うた御方におわします。あなたにふさわしいものはあなたご自身以外にはなく、あなたの他のすべてのものは聖なる御前では追放者も同然であり、あなたご自身の『存在』の栄光に比べれば皆無に等しいのです。

あなたが、あなたの重要な『書』においてご自身を称揚し給うたことによる以外は、私があなたの美徳を賛美することははるかに及ばぬことであります。あなたはその『書』の中でこう語っておられます。「いかなる目も神を捉えることはできない。一方、神はすべてのものを見給う。神は鋭敏なる方、すべてを感知し給う御方におわします。」[1]。おお、わが神よ、あなたに栄光あれ。いかなる理性も洞察力も、それがいかに鋭く、識別力があろうとも、あなたのしるしの中の最も取るに足らないものの性質をも把握することはできません。まことにあなたは神におわし、あなたの他に神は存在しません。証言いたします。あなたの属性を表現できるのはあなたご自身であり、あなた以外のいかなる者の賛美も聖なる宮廷に達することはできず、あなたの属性はあなたご自身の他の誰にも計り知ることはできません。

あなたに栄光あれ。あなたは、あなた以外のいかなる者の描写をも超えて崇高におわします。あなたの美徳を適切に称え、あなたの『本質』の最も内なる実在性を理解することは、人間的概念を超越しているからであります。あなたの創造物があなたを描写すること、あなた以外のものがあなたを知ることは、あなたの栄光にはるかに遠く及ばないことであります。おお、わが神よ、私は、あなたがご自身を私に知らしめ給うたがゆえにあなたを知るに至りました。あなたがご自身を私に啓示し給わなかったら、私があなたを知ることはなかったでしょう。私をあなたに召還し給うたがゆえに、あなたを崇拝いたします。あなたのご召還がなかったなら、私はあなたを崇拝することはなかったでありましょう。

バブ


[1] コーラン 6章103