許し

許しを請う祈り

あなたに栄光あれ、おお主よ、わが神よ。あなたが選び給うた人々、あなたの信託を運ぶ人々、預言者らと使者たちの封印として定め給うた御方らにより懇願いたします。あなたのご記憶をわが伴侶となし、あなたの愛をわが目標となし、あなたの御顔をわが目的となし、あなたの御名をわがランプとなし、あなたのお望みをわが願望となし、あなたのお喜びをわが歓喜となし給え。

おお、わが主よ。私は罪人であり、あなたは常に許し給う御方におわします。私はあなたを認めるとすぐに、ご慈愛の崇高なる宮廷に達するために急ぎました。おお、わが主よ、私の罪を許し給え。私の罪は、私が、あなたのお喜びの道を歩むのを妨げ、一体性の海の岸辺に達することを妨げました。

おお、わが主よ。私を恩恵深くあしらってくれる者は誰もなく、顔を向けることができる者もありません。また、私が慈悲をこい求めることができる者、哀れみを向けてくれる者もありません。私は嘆願いたします。御恵みの存在から私を締め出し給うな。また、あなたの寛大さと恩恵のほとばしりを、私から引き離し給うな。おお、わが主よ、あなたを愛する者らに定め給うたものを私に定め、選ばれし者らに書き下し給うたものを私に書き下し給え。私の視線は常にあなたの恵み深い摂理の地平線にすえられ、私の目はあなたのお優しき慈悲の宮廷に向けられております。あなたにふさわしいやり方で私をあしらい給え。あなたの他に神はいまさず、あなたは力の神、栄光の神、すべての者が助けを嘆願する御方におわします。

バハオラ

主よ、私はあなたを仰ぎまつり、あなたの御恩寵の不可思議と、御恵沢の出現とに望みを託すものであります。私があなたの御慈悲の御扉から、失望に打ちひしがれた姿で引き返すことのないよう祈りまつる。そして、御教えを拒む者らの中に私を放置し給わぬよう嘆願いたします。

神よ、私はあなたの僕であり、あなたの僕の子であります。あなたの御代において私はあなたの真理を知るに至りました。そこで私は、あなたの唯一無二にましますことを公言し、あなた一体性を認め、あなたの御寛恕と御許しをひたすら願いつつ、あなたの唯一性の岸辺へと歩みを向けております。

あなたは御心のままになし給う御力の御方に在します。あなたの他に神はいまさず、あなたは栄光に輝き、常に許し給う御方にまします。

バハオラ

あなたに栄光あれ、おお主よ、わが神よ。私は、思い切ってあなたのことを述べようとするたびに、自分の重い罪とあなたに対する重大な違反とにより引き止められ、御恵みを完全に奪われ、あなたの賛美を称える力がまったくないことを思い知らされます。しかし、あなたの恩恵に対する私の強い信頼は、あなたに対するわが望みをよみがえらせました。また、あなたは恩寵深く私をあしらい給うという確信は、あなたを賛美する勇気と、あなたが所有し給うものを求める勇気を私に与えました。

おお、わが主よ、全創造物に勝るあなたの慈悲と、あなたの諸々の名称の海に浸されているすべてのものが証言するあなたのご慈悲とにより嘆願いたします。私を置きざりにし給うな。なぜなら、私の心は悪に影響されやすいからであります。私をあなたのご保護の砦と、お世話の避難所にかくまい給え。おお、わが主よ、私はあなたのご威力により定められたことだけを唯一の望みとする者であります。私が自らのために選んだものは、あなたの恵み深い選定と、御心の採決とによって援助されること、あなたのご法令と判決のしるしにより助けられることだけであります。

おお、あなたを切望する心が敬愛する御方よ、あなたの大業の顕示者たちとご霊感の曙たち、そしてご威厳の解説者たちと知識の宝庫たちにより懇願いたします。あなたの聖なるお住まいと風見鶏と幕屋を私から奪い給うな。おお、わが主よ、私が、彼の尊い宮廷に達し、彼の周りを回り、彼の御扉の前につつましく立つことができるよう、助けたまえ。

あなたはその力が永遠の古より、永遠の未来にまで続く御方におわします。あなたの知識から逃れるものは何もありません。まことにあなたはお力の神であり、栄光と英知の神におわします。

諸々の世界の主、神に誉れあれ。

バハオラ

御名に栄光あれ、おお、わが神にして万物の神なる御方よ、わが栄光にして万物の栄光なる御方よ、わが望みにして万物の望みなる御方よ、わが強みにして万物の強みなる御方よ、わが王にして万物の王なる御方よ、わが所有者にして万物の所有者なる御方よ、わが目標にして万物の目標なる御方よ、わが動者にして万物の動者なる御方よ。懇願いたします。お優しいご慈悲の海より私を引き離し給わぬよう、また、あなたのおそば近くにはべるという岸辺から遠く離し給わぬように。

おお、わが主よ。あなたの他に私のためになるものはありません。また、あなたのおそばにはべる以外、有益なることもありません。ご自身の他になにものがなくとも存在し給う、その豊富な御豊かさにより懇願いたします。あなたの方へ顔を向け、あなたに仕えようと立ち上がった者のひとりに私を数え給え。

そして、おお、わが主よ、僕らと侍女らを許し給え。まことにあなたは、常に許し給う方、最も哀れみ深き御方におわします。

バハオラ

おお神よ、われらが主よ。御恵みにより、あなたが忌み嫌うすべてのことから私どもを守りたまえ。また、あなたに似つかわしきものを付与し給え。あなたのご恩恵のより多くを私どもに与え、祝福し給え。私どもの所業を許し、罪を洗い流し給え。そして、恵み深きご容赦により、私どもを許したまえ。まことにあなたは、最も崇高なる方、ご自力にて存在し給う御方におわします。あなたの愛情あふれる摂理は、天と地にある万物を取り囲みました。また、あなたのお許しは全創造物を凌駕しました。主権はあなたのものであります。創造と啓示の王国はあなたの御手の中にあります。右手には全創造物を持ち、手中には割り当てられただけの許しを携え給う。僕らのうちのお望みの者を許し給う。まことにあなたは、常に許し給う御方、すべてを愛し給う御方におわします。あなたの知識から漏れるものは何もなく、あなたより隠されるものもありません。

おお神よ、われらが主よ。ご威力によりわれらを守り、波打つ不思議の海にわれらを入らしめ給え。そして、あなたにふさわしいものを私どもに授け給え。

あなたは最高の支配者におわし、強大なる遂行者、崇高なる御方、すべてを愛し給う御方におわします。

バブ

おお主よ、あなたに讃美あれ。私どもの罪を許し、慈悲を垂れ輩、私どもがあなたの下に戻ることができるようなさせ給え。私どもがあなたの他の何者にも依存することを許し給うな。あなたの御恩恵により、あなたが愛し給い、欲し給うもの、またあなたにふさわしいものを私どもに与え給え。まことに、信じる者の地位を高め、あなたの御仁愛の寛大さで彼らを許し給え。まことにあなたは危難の中の御救いに在し、御自力にて存在し給う御方に在します。

バブ

おお主よ、私は嘆願いたします。あなた以外のことを述べ、あなた以外を賛美し、あなたの近くはべること以外に歓喜し、あなたとの語らい以外に喜び、あなたへの愛とあなたのお喜び以外に楽しみを見出したことをお許しください。また、私がなしたことで、あなたに関係しないすべてのことに関して、私を許し給え。おお、主の中の主よ、手段を与え、扉を開け給う御方よ。

バブ

あなたに栄光あれ、おお神よ。あなたは全人類の賛美からも聖別されておられます。私はどのようにあなたのことを述べればよいのでしょうか。御名に誉れあれ、おお神よ。あなたは王であり、永遠の真理であります。あなたは、天と地にあるものを知り給う。そして万物はあなたに戻ります。あなたは、神に定められた啓示を、明確な尺度に応じて下し給いました。あなたに賛美あれ、おお主よ。あなたは、その命により、天と地とその間にあるすべての軍勢を通して望み給う者には誰にでも勝利をもたらし給う。あなたは主権者におわし、永遠の真理にして、無敵の威力の持ち主におわします。

あなたに栄光あれ、おお主よ。あなたは常に、許しを嘆願する僕らの罪を許し給う。私の罪を洗い流し給え。また、夜明けにあなたの許しを求め、昼と夜にあなたに祈り、あなたのみを切望し、神が恵み深く授け給うたもの一切を捧げ、朝に夕にあなたの賛美を謳い、義務を怠らない者らの罪も洗い流し給え。

バブ

おお、お許しになる主よ。あなたは、これら僕らみなの避難所におわします。あなたは諸々の秘密を知り、すべてのことに気づいておられます。私どもはみな、無力であり、あなたは強大にして、万能なる御方におわします。私どもはみな罪人であり、あなたは罪を許し給う御方、慈悲深き御方、哀れみ深き御方におわします。おお主よ、私どもの短所に目を向け給うな。御恵みとご恩恵に応じて私どもをあしらい給え。私どもの短所は数多く、あなたのお許しの海は無限です。私どもの弱点は嘆かわしく、あなたの助けと援助の証拠は明確です。それゆえ、私どもに確証を授け、強め給え。私どもが、あなたの聖なる御敷居に値することをなせるようなし給え。私どもの心を明るく照らし、認識力ある眼と注意深い耳とを授け給え。死者を蘇らせ、病人を癒し給え。貧者に富を授け、恐れる者に平穏と安全を与え給え。あなたの王国に私どもを受け入れ、導きの御光で私どもを明るく照らし給え。あなたは力強き御方、万能なる御方におわします。あなたは寛大なる御方におわし、温厚にして、お優しき御方におわします。

アブドル・バハ

おお、わが主よ。あなたは、私の顔があなた以外のすべてから離れ、ご恩恵の天とご恵沢の海へ向けられているのをみそなわせ給う。シナイの啓示の太陽の光輝により、また、常に許し給う御方という御名の地平線から輝きでる恩寵の天体のきらめきにより請願いたします。私にお許しとご慈悲とを下し給え。そして、創造界において、御名により私を崇高にするものを栄光の筆をもって私のために書き給え。おお、わが主よ。私があなたへ向かい、あなたの愛し給う者らの声に耳を傾けるよう援助し給え。その愛されし者らは、地上の権力ある者らも弱めることができず、諸国の統治権をもってしてもあなたから引き離すことができなかった者であり、あなたの方へ進みながら、「神こそはわれらの主、天と地に住むすべての者らの主なり」、と語った者らであります。

バハオラ

自らの犯した罪や過ちを他人に告白することは許されない。罪人は、神と自分との間で慈悲の大洋からの御慈愛を嘆願し、寛大の天上からの寛恕をこいねがい、唱えよ。(バハオラの第九の吉報から抜粋)

おお神よ、わが神よ。あなたに真に献身する者たちの血により懇願いたします。彼らはあなたの甘美な御言葉に狂喜し、栄誉ある殉教の場である栄光の尖塔へと急いだ者らであります。私はまた、あなたの知識に秘められた神秘と、恩寵の大洋に秘蔵されている真珠により嘆願いたします。私と、私の父母に御許しを与え給うよう。まことにあなたは慈悲深い者の中で最も慈愛深き御方に在します。あなたの他に神はいまさず、あなたは永遠に許し給う御方に在し、すべてに恩寵深き御方に在します。

おお神よ、あなたは、この全く罪深き者があなたの御愛顧の大洋に向い、このか弱い者があなたの聖なる御力の御国を求め、この貧しき生き者があなたの御豊かさの昼の星に心ひかれているのを見給う。おお主よ、あなたの御慈悲と御慈愛にかけて、彼を失望させ給うな。また、あなたの日において、あなたの恩恵を現わすものから彼をしめ出し給うな。そして、あなたの天と地に住むすべての人々に開け広げられたあなたの御扉より彼を追放し給うな。

ああ悲しいかな、哀れ、私の罪は聖なるあなたの宮居に私が近付くことを妨げ、私の過ちはあなたの神殿から私を遠ざけました。私はあなたが禁じ給うたことを犯し、あなたが私に定め給うたことを放置してしまいました。

私は御名の主権の主に在す彼によりあなたに祈願いたします。私をあなたのおそば近くに引き寄せ、私とあなたの寛恕と御許しの問に介在する私の過ちから私を清めるものをあなたの御恩恵のペンで私のために書き給え。

まことにあなたは御力を持ち給う御方、御恵み深き御方に在します。あなたの他に神はいまさず、あなたは御力強き御方に在し、御仁慈の御方に在します。

バハオラ

おお我が神よ、おお我が主よ、おお我が師よ。あなたの愛以外の諸々の喜びを、あなたのおそば近くにいること以外の諸々の安らぎを、あなたの御心に召すこと以外の諸々の安らぎを、またあなた以外の諸々の存在との対話を求めるこの私を許し給うよう懇願いたします。

バブ