聖なる水夫の書簡

聖なる水夫の書簡

「聖なる水夫の書簡」を学習せよ。それによって真理を悟り、祝福された美が未来の出来事を予告されていたことを知れ。理解できる者は、警戒するがよい。  アブドル・バハ

彼こそは慈悲深き御方、最愛なる御方なり。

おお聖なる水夫よ。

汝の永遠の箱船が天の群集の前に現れるよう、命ぜよ。

栄光に満ち給うわが主に栄光あれ。

最も素晴らしき御方という彼の御名において、古来の海に船出せよ。

栄光に満ち給うわが主に栄光あれ。

そして、最も高遠なる御方という神の御名において、天使のような人々を乗り組ませよ。

栄光に満ち給うわが主に栄光あれ。

それから、とも綱を解いて、栄光の海へと出航せよ。

栄光に満ち給うわが主に栄光あれ。

その中に住む者らが、永遠なる領土にある近接の隠れ家に達することができるように。

栄光に満ち給うわが主に栄光あれ。

深紅の海の岸辺にある神聖なる磯に達したなら、

栄光に満ち給うわが主に栄光あれ。

彼らに下船を明示、目に見えぬこの霊妙なる地位に向わせよ

栄光に満ち給うわが主に栄光あれ。

その地位とは、主が、彼の美の炎に包まれて、不死の樹の中に出現されたところ

であり、

栄光に満ち給うわが主に栄光あれ。

そこでは、彼の大業の具現者らが、自我と情欲から身を清め、

栄光に満ち給うわが主に栄光あれ。

その周りには、モーゼの栄光が永遠の軍勢と共に回り、

栄光に満ち給うわが主に栄光あれ。

そこでは、神の御手が彼の壮大の胸元から引き出された場所である。

栄光に満ち給うわが主に栄光あれ。

箱舟の住人たちに聖なる属性のすべてが宣言された後も、大業の箱船はそこに静止したまま留まる。

栄光に満ち給うわが主に栄光あれ。

おお水夫よ。神秘のヴェールの後ろで、われが汝に教えたことを、箱船の中にいる者らに教えよ。

栄光に満ち給うわが主に栄光あれ。

彼らが雪のように純白な聖なる地点に留まることなく、

栄光に満ち給うわが主に栄光あれ。

精神の翼に乗り、主が下界のあらゆる叙述を超えて崇高にされた地位へと舞い上がって行き、

栄光に満ち給うわが主に栄光あれ。

あたかも、永劫の再会の領土で寵愛を受けた鳥たちのように、空間を飛んでいくことができるように、

栄光に満ち給うわが主に栄光あれ。

諸々の光の海に隠された神秘を知ることができるように。

栄光に満ち給うわが主に栄光あれ。

彼らは、世俗的限界の段階を通過し、天の導きの中心である聖なる和合の段階へ達した。

栄光に満ち給うわが主に栄光あれ。

彼らは、主が彼らの地位よりも上に定めた状態へ舞い上がることを欲した。

栄光に満ち給うわが主に栄光あれ。

その時、燃え盛る流星が、彼らを彼の御前の王国に住む者らの中から追放し、

栄光に満ち給うわが主に栄光あれ。

そして彼らは、栄光の高みにある、見えざる大天幕の後ろから上がる威光の声を聞いた:

栄光に満ち給うわが主に栄光あれ。

「おお、守護天使たちよ。彼らを、下界にある彼らの住まいに戻すがよい」

栄光に満ち給うわが主に栄光あれ。

「何ゆえなら、彼らは、天来の鳩の翼も決して達したことのない領域に昇ってゆこうとしたがために」

栄光に満ち給うわが主に栄光あれ。

「すると、空想の船は停止した。理解力ある者らの思考もこのことを把握し得ない」

栄光に満ち給うわが主に栄光あれ。

すると、天の乙女がその崇高なる部屋から顔を出して、

栄光に満ち給うわが主に栄光あれ。

天なる群衆に目で合図して、

栄光に満ち給うわが主に栄光あれ。

その顔の光で天と地を満たし、

栄光に満ち給うわが主に栄光あれ。

彼女の美の輝きが塵の人々の上に輝くと

栄光に満ち給うわが主に栄光あれ。

全存在物がその必滅の墓の中で揺り起こされた。

栄光に満ち給うわが主に栄光あれ。

次に彼女は、永遠の古より誰も耳にしたことがない呼び声を上げ、

栄光に満ち給うわが主に栄光あれ。

そして、こう告げた――「主にかけて誓う。崇高にして栄光あるアラビアの若者の愛の芳香を心に抱いていない者は」

栄光に満ち給うわが主に栄光あれ。

「決して、最高の天の栄光まで昇っていくことはできない」

栄光に満ち給うわが主に栄光あれ。

それから彼女は、侍女の中からひとりを呼び出し、

栄光に満ち給うわが主に栄光あれ。

こう彼女に命じた――「永遠の館から空間へと降り」

栄光に満ち給うわが主に栄光あれ。

「彼らが心の最も奥底に隠しているものへ向かえ」

栄光に満ち給うわが主に栄光あれ。

「もし、邪悪なる者らの手がなしたことで、光の幕屋の中に隠された若者から衣の香りを吸い込んだなら」

栄光に満ち給うわが主に栄光あれ。

「汝自身の内で叫びを上げよ―永遠の富の具現者たちである、楽園の部屋の住人たち全員が理解し、注意をむけるように、」

栄光に満ち給うわが主に栄光あれ。

「彼らみなが、永遠の部屋から降りてきて、身を震わせ、」

栄光に満ち給うわが主に栄光あれ。

「忠誠の高みに舞い上がったという理由で彼らの手と足に接吻し、」

栄光に満ち給うわが主に栄光あれ。

「彼らの衣から最愛なる御方の芳香が漂い出るか発見しようとするように。」

栄光に満ち給うわが主に栄光あれ。

すると、選ばれた乙女の顔は、天界の諸々の部屋の上で輝いた――あたかも、若者の顔より放射され、彼の肉体の上に輝く光のように、

栄光に満ち給うわが主に栄光あれ。

すると彼女は、天上とそこにあるすべてを明るく照らすほどの飾りをもって降りていった。

栄光に満ち給うわが主に栄光あれ。

彼女は奮起して、神聖と壮大の地にあるすべての物を香りで満たした。

栄光に満ち給うわが主に栄光あれ。

その地に達した時、彼女は、創造界の中心に進み、身を高く起こした。

栄光に満ち給うわが主に栄光あれ。

そして初めも終わりも知らない時点に立って、彼らの芳香を探し求めた。

栄光に満ち給うわが主に栄光あれ。

彼女は、彼らのなかに、彼女が求めたものを見出せなかった。これはまことに、彼の不思議な物語のひとつでしかない。

栄光に満ち給うわが主に栄光あれ。

そこで彼女は大声で叫び、むせび泣き、自身の最も高きにある館へと戻っていった、

栄光に満ち給うわが主に栄光あれ。

そして甘く響く口調で神秘の言葉をひとつ囁き、

栄光に満ち給うわが主に栄光あれ。

天の群集と不滅なる乙女らの間で、叫びを上げた:

栄光に満ち給うわが主に栄光あれ。

「主にかけて誓う。私は、これらの空虚な自称者らから、忠実の微風を見い出しはしなかった。」

栄光に満ち給うわが主に栄光あれ。

「主にかけて誓う。若者は、流刑の地で不信心な者らの手中にあり、ただひとりで見捨てられている」

栄光に満ち給うわが主に栄光あれ。

そして彼女は自身の内で、天の群集が悲鳴を上げ、身震いするような叫びを上げた、

栄光に満ち給うわが主に栄光あれ。

すると彼女は塵の上に倒れ、息絶えた。あたかも彼女は、天上の領土へ召され、召還者の呼び声に答えたようであった。

栄光に満ち給うわが主に栄光あれ。

崇高なる楽園の真中で、愛の真髄から彼女を創造された御方に栄光あれ。

最も高遠なるわれらの主に栄光あれ。

すると天の乙女らは自分たちの部屋から急ぎ出てきた。乙女たちの顔は、最高の楽園の住人たちが誰も見たことのないものであった。

乙女たちはみな、彼女の周りに集まったが、見よ。乙女たちは塵の上に倒れている彼女を見いだした。

最も高遠なるわれらの主に栄光あれ。

乙女たちが彼女の状態を凝視し、若者が語った物語の一言を理解したとき、彼女らは頭の覆いをはぎ取り、衣を引きちぎり、自分たちの顔を打ち、喜びを忘れ、涙を流し、手で頬を強打したのである。これは、まことに、神秘に包まれた苛酷な苦難のひとつである。

最も高遠なるわれらの主に栄光あれ。