結婚

結婚

バハイの結婚は、二者の間の調和と愛情である。いかにしても、彼らは最大の注意を払い、互いの性格を知るようにしなくてはならない。この永遠の絆は固い誓いで確実なものとされ、その意図は、調和と友愛と和合を促進すること、そして永遠の生命を得ることであるべきである。

アブドル・バハ

結婚の誓約は、新郎新婦がそれぞれ、最低二人の証人の前で唱える。その聖句は、「アグダスの書」(最も神聖な書)にこう定められている――「私どもはみな、神の御心に従います」。

神は寛大に在し、御恩恵に満ち給う。

いにしえよりとこしえに実在し給う永遠不変の神に讃美あれ。神は唯一無二に在し、何ものにもとらわれ給うことなき至高者に在しますことを、神は御自身の存在を通じて証明し給う。まことに私どもは神の他に神なきことを証言し神の唯一に在すことを認め、神の無二にましますことを言明いたします。神は常に到達し難い高所にとどまり給い、御自らの崇高さの頂に住い給う。そして神は神以外のいかなる者の記述にもまして神聖に在し、御自身以外のいかなる者の形容にもとらわれることなき御方に在します。

しかして、神は人間に御恩寵と御恵みをあらわし、世を秩序あらしめようと欲し給うた時、掟をあらわし、法を創り給いました。その中に、神は結婚の法を定め給い、それを幸福と救いの要塞となし、神聖なる天上より下され、神の最も聖なる書に記されたるところにより、私どもにそれを命じ給いました。そして、偉大なる栄光の神は述べ給う。「おお人々よ、結婚せよ、僕らの中義を記憶する者のあらわれ出づるように。これこそはあなたがたに課す戒律の一つである。自が助けられんためにこれに従え。

バハオラ

彼こそは神におわします。

おお、比類なき主よ。あなたは、全能なる英知により、人々に結婚を命じ給いました。それにより、この偶発的な世界で世代が受け継がれていくように、また、この世界が続く限り、隷属と崇拝、敬礼と崇敬、そして賛美の念を持って、人々があなたの一体性の敷居で忙しく従事しますようになし給いました。「われが霊と人間を創ったのは、彼らがわれを崇拝するために他ならない」1。それゆえ、あなたのご慈悲の天において、あなたの愛の巣にいるこの二羽の鳥を結婚で結び給え。そして、絶えることなき御恵みを引きつける手段となし給え。それにより、この二つの愛の海の結合から、柔和さの波が打ち、純粋で善良な種の真珠を生命の岸辺に投げ出しますように。「主は、互いに出会えるようにと、二つの海を解き放ち給うた。そして両者の間には、越すことのできない障壁がある。それでは、汝ら、主のご恩恵のうち、いずれを拒むや。主はそれぞれから、大なる真珠と小なる真珠をもたらし給う」2。

おお、お優しき主なる御方よ。この結婚が珊瑚と真珠をもたらすようなし給え。まことに、あなたは力に満ち給う御方、最も偉大なる御方、常に許し給う御方におわします。

アブドル・バハ

神に栄光あれ、おおわが神よ。まことに、これなるあなたの僕と侍女はあなたの御慈悲の下陰にあい寄り、あなたの御恩恵と御寛大さとにより結ばれました。主よ、この世と、あなたの御国と通じてこの二人を助け給い、御恩恵と御恩寵とによりすべてのよきものを彼らのために定め置き給え。主よ、あなたへの奉仕の道において、この二人にあなたの確証を授け給え。あなたに仕えることができますよう彼らを助け給え。この天を、御代におけるあなたの御名の御しるしとなし、現世と来たるべき世を通じて尽きることのないあなたの御賜物により彼らを守り給え。主よ、彼らは御慈悲溢れる御国を仰ぎ、祈願し、あなたの唯一性の領土に向かい懇願いたしております。まことに彼らはあなたの命に従い結婚いたします。未来永劫を通じてこの二人を調和と和合のしるしとなし給え。まことにあなたは全能に在し、遍在し給い、御方に満ち給う御方に在します。

アブドル・バハ

おお、わが主よ、おお、わが主よ。この二つの輝く天体は、あなたの愛において結ばれ、あなたの聖なる敷居への隷属において結合し、あなたの大業に仕えることで和合いたしました。この結婚を、あなたの豊富な御恵みの、貫く通る光のようになし給え、おお、わが主よ、おお慈悲深き御方よ、そして、あなたの賜物の輝かしい光線となし給え、おお、お情け深き御方、常に与え給う御方よ。それにより、あなたの御恵みの雲から降ってくる贈り物を通して、青々と茂り、繁茂する枝が、この大樹から枝分かれしてきますように。

まことに、あなたは寛大なる御方におわします。まことに、あなたは全能なる御方。まことに、あなたは哀れみ深く、すべてに慈悲深き御方におわします。

アブドル・バハ

1 コーラン51章56

2 コーラン55章19~22