精神的成長

精神的成長

おお我が神よ、あなたの甘くかぐわしい久遠の流れより私に飲まさせ給え。おお希望の君よ、あなたの御存在の木の実を私に味あわせ給え。おお我が栄光よ、御慈愛の水晶のごとき泉から心ゆくまで飲ませ給え。おお我が光よ、あなたの永遠の摂理の下陰に私を住まわせ給え。おお慕いまつる君よ、あなたのみもとに近い牧場をそぞろ歩くことを許し給え。おおあこがれの君よ。私を御慈悲の玉座の右手に座らせ給え。おお我が目標の君よ、駿郁たるお喜びの微風を私の上に漂わせ給え。おお熱愛しまつる君よ、私をあなたの実在の楽園の高所に入らしめ給え。おお光輝なる君よ、あなたの唯一性の鳩の調べに私の耳を傾けさせ給え。おお、すべてを与え給う君よ、御力とみいずの精神により私を蘇らせ給え。おお我が救助者よ、あなたの愛の精神の中に私を確固たらしめ給え。おお我が創造者よ、御心にかなう道を私にしっかりと歩まさせ給え。おお私に御慈悲深き御方よ、あなたの不滅の花園の中であなたの御顔の御前に私を永遠に住まわせ給え。おお我が所有者よ、あなたの栄光の座に私をしっかりと据えさせ給え。おお生気を与え給う君よ、御慈愛の天国に私を引き上げ給え。おお我が魅惑者よ、あなたの教導の昼の星のもとに私を導き給え。おお我が源に在し、最高の希望にまします君よ、あなたの不可視の聖霊の啓示の場に私を召し給え寡義が神にましまし君よ、あなたの現わし給う美の芳香の精髄に私を帰らせ給え。

あなたは御心のままになし給う御力の御方に在します。まことにあなたはいと高貴なる御方に在し、御栄光に満ち給い、最も高き御方にまします。

バハオラ

おお我が神よ、私の心を清らかなものとなし給え。おお希望の君よ、私に安らかな良心を蘇らせ給え。おお我が最愛なる御方よ、威力の霊により私を御教えに確固たらしめ給え。おおあこがれの的よ、御栄光の光であなたの道を示し給え。おお我が存在の源よ、すべてを超越するあなたの強大なる御力により、私をあなたの聖き天上に引き上げ給え。おお我が神にまします君よ、あなたの久遠の微風により私を喜ばせ給え。おお我が友よ、あなたの永遠の調べを通じて私の上に安らぎの息吹を漂わせ給え。おお師よ、いにしえより続く御顔の富で私をあなた以外のあらゆるものから解き放ち給え。おお明らかなるものの中の最も明らかなる御方に在し、隠れたるものの中の最も隠れたるものにまします君よ。あなたの不朽の御真髄の啓示の吉報により私に喜びをもたらせ給え。

バハオラ

神は恵み深き御方、すべてに恩寵深き御方にまします。

おお神よ、わが神よ。あなたの呼び声は私を引きつけ、あなたの「栄光のペン」の声は私を目覚めさせました。あなたの聖なるお言葉の流れは私を恍惚とさせ、ご霊感の美酒は私を魅惑しました。おお主よ、みそなわす通り私はあなた以外のあらゆるものから離脱し、あなたのご恩恵の御綱にすがり、御恵みの不可思議を切に求めております。あなたのご慈愛の永遠の大波と、お優しいご配慮とご恩恵の輝かしい光とにより願いまつる。あなたのお側に近づくことを可能にするものを私に授け給い、あなたの富で私を富ませ給え。私の舌、私の筆、私の全存在はあなたの御力と威力、御恵みとご恩恵を、また、あなたは神におわし、御力に満ち、強大なる御方であるあなたの他に神なきことを証言いたします。

おお、わが神よ、私は今、私の無力なることとあなたの御主権、私の弱さとあなたの御力を証言いたします。私は、何が私のためになり、何が害になるかを知りません。まことにあなたはすべてを知り、すべてに賢き御方におわします。おお主よ、わが神よ、わが師よ。あなたの永続するご命令に私を満足させるもの、また、あなたのあらゆる世界で私を繁栄させるものを定め給え。まことにあなたは御恩寵深き御方、御恵み深き御方におわします。

主よ、あなたの富の大洋とご慈悲の天から私を退け給わず、この世と来たるべき世の良きものを私に定め給え。まことに、あなたは最高の慈悲の座の主におわします。あなたの他に神はいまさず、あなたは唯一の御方、すべてを知り給い、すべてに賢き御方におわします。

バハオラ

おお、わが主よ。あなたの美をわが糧となし、あなたの存在を飲み物に、あなたのお喜びをわが希望になし給え。また、あなたの賛美をわが行動に、あなたの記憶をわが伴侶に、あなたのご主権の力をわが救いに、そしてあなたのお住まいをわが家になし給え。そしてわたしの住家を、あなたから暗幕のように閉め出された者らに課された制限から聖別し給え。

まことにあなたは、全能者、栄光に満ちた方、最も力に満ちた御方におわします。

バハオラ

おお主よ、わが神よ、御名に誉れあれ。私はあなたのお優しい慈悲の御綱を握りしめている僕であり、あなたのご寛大の御裾にしがみついております。目に見えるもの、見えぬもの、すべての創造物を支配し、生命そのものである息吹を全創造物のうえに漂わせ給いましたあなたの御名により懇願いたします。天と地を包含する御力により私を強め給え。また、すべての病と苦難から私を守り給え。私は証言いたします。あなたはすべての名称の主におわし、あなたを喜ばせるもののすべてを制定し給う御方におわします。あなたの他に神はいまさず、あなたは全能者におわし、すべてを知り、すべてに賢き御方におわします。

おお、わが主よ、あなたの世界のすべてにおいて私のためになるものを私に定め、創造物の中で選ばれた者らのために書き下し給いましたものを私に与え給え。その選ばれた者らとは、非難者の非難によっても、異端者の抗議によっても、また、あなたから身を遠ざけた者らのよそよそしさによっても、あなたへ向かうことを妨げられなかった者らであります。

まことにあなたは、主権の御力をもって危難を救い給う御方におわします。あなたの他に神はいまさず、あなたは全能者にして、最も力強き御方におわします。

バハオラ

おお、わが神よ、ご恩恵とご慈悲の神よ。あなたはご命令の言葉によって全創造を生じさせ給うた王におわします。また、あなたの僕らの行いでその御恵みを示すことを妨げられることは決してなく、ご恩恵の啓示を廃棄し給うこともない、恩寵深き御方におわします。

私が、あなたの世界のすべてにおいて、救済の源となるものに到達できるように、この僕を鍛え給うよう懇願いたします。あなたの他に神はいまさず、あなたは全能者にして、最も力強き御方におわします。

バハオラ

彼こそは祈りを聞き、祈りに答えたまう神におわします。

おお、敬愛する御方よ、あなたのご栄光にかけて、あなたは世界に光を与え給う御方におわします。離別の炎は私を焼き尽くし、私の強情は私の心を溶かしてしまいました。あなたの最も偉大なる御名により願いまつる。おお、世界の願望におわし、人類の敬愛しまつる御方よ。御霊感の微風が私の魂を支え、あなたのすばらしいお声が私の耳に達し、私の目があなたの諸々の名称と属性の顕示中に表わされたあなたの御印と光をとらえることができますように。おお、万物を手中に収めたまう御方よ。

おお主よ、わが神よ、あなたは、あなたのご寵愛を受けた者らがあなたからの離別のために流した涙をみ、あなたに献身する者らがあなたの聖なる宮廷から隔絶されたために抱いた恐れをみ給う。目に見えるもの、見えぬもの、すべてを支配し給うあなたの御力にかけて。あなたの愛し給う者らが、地上の不正者や圧制者の手が信仰深き者らにもたらしたことのために血の涙を流すのは当然なことであります。おお、わが神よ、あなたは、どれほど多くの不信心な者らがあなたの町や領土を取り囲んでいるかを見給う。あなたの使者たちや選ばれた者ら、また、僕らの間に聖なる一体性の御旗をたてた御方[1]により願いまつる。ご恩恵により彼らを守り給え。まことにあなたはみ恵み深き御方、すべてに恩寵深き御方におわします。

さらに、あなたの御恩寵の甘美なる雨とご恩恵の大洋の大波により願いまつる。あなたの聖者らのために、彼らの目を慰め、心に安らぎをもたらすものを定め給え。主よ、あなたは、あなたへの奉仕に立ち上がろうと願ってひざまずく者、ご恵沢の大洋から永遠の生命を求めて御豊かさの天へ舞い上がろうと切望する死者、御恵みの天蓋の下にある栄光の住居へ帰ろうと欲する旅人、ご慈悲により御恩恵の御扉へと急ぐ探求者、お許しとご寛容の大洋に顔を向ける罪深き者を見給う。

ご主権にかけて、おお、人々の心の中で輝き給う御方よ、私はあなたに向かい、自らの意志と欲望を捨て去りました。それにより、あなたの聖なる御心とご意志によって支配され、あなたの永遠の御法令のペンが私に定め給いましたことに応じて行動いたします。おお、主よ、無力なるこの僕はあなたの御力の天体へと向かっております。卑しい者ではありますがご栄光の曙に向かって急ぎ、貧しい者ではありますが御恵みの大洋を乞い求めているその者を見捨て給わぬよう、ご恵沢とご恩恵により願いまつる。

まことにあなたは全能者におわし、許し給う御方、哀れみ深き御方におわします。

バハオラ

あなたに栄光あれ、おお主よ、わが神よ。あなたの御世に私を生じさせ、あなたの愛と知識を私に吹き込み給いましたことを感謝いたします。あなたの御名を通して、あなたのお側近くにはべる僕らの心の宝庫より、あなたの英知と御発言のすばらしい真珠が生じさせられ、哀れみ深き御方という御名の「昼の星」はあなたの天と地に住むすべての者の上にその輝きを放ちました。その御名により懇願いたします。御恵みと御恩寵により、あなたの驚くべき、隠されたる御恩恵を私に授け給え。

おお、わが神よ。これはあなたが、あなた御自身の御世と関連つけ給いました私の人生の最初の日々であります。このような栄誉を私に授け給いました今、選ばれし者らに定め給いましたものを私から引き離し給うな。

おお、わが神よ。私は、あなたが愛の土壌に植え、あなたのご恩恵の手で発芽を促された小さな種子であります。それゆえ、この種子はその内奥においてあなたのご慈悲の水と、御恵みの流水とを渇望しております。その種子が、あなたの保護の下で、またあなたの宮廷の境界の中で繁茂することができますよう、それを可能にするものをご慈愛の天より下し給え。あなたは、あなたを認めたすべてのものの心に、あなたの豊かな流れと活水の泉から水を与え給う御方におわします。

バハオラ

おおわが神よ。御名の超越的な栄光により願いまつる。愛されし者らを正義の衣でまとい、彼らの生存を信頼性の光で輝かせ給え。あなたは、お望みのままになす力を持ち給い、目に見えるもの見えざるもの、万物を手中に収め支配し給う。

バハオラ

おお、わが神よ。私にあなたの愛とお喜びを豊富に与え、また、あなたの光輝あふれる光を通して私どもの心を喜ばせ給え。おお、最高の御印なる御方、栄光に満ちた御方よ。活気をもたらすあなたの微風を、あなたの御恵みの印として、昼夜を通して私に下し給え。おお、御恩寵の主よ。

おお、わが神よ。私はあなたのお顔を見るに値する行いをしておりません。また、世界が続く限り私が生きながらえたとしても、このご恵沢に値する行為を成し遂げることはできないと承知しております。なぜなら、あなたのご恩恵が私に届き、優しいご慈悲が私に浸透し、ご慈愛が私を包みこむことがなければ、僕の地位は決してあなたの聖域に達することはできないからであります。

あなたに最高の賛美あれ、おお、唯一の神なる御方よ。お恵みにより、あなたの元に昇っていくこと、あなたのお側近くに住む栄誉に預かること、そして、あなたのみとの対話を私に可能ならしめ給え。あなたの他に神はありません。

まことに、もしあなたが僕に祝福を授けたいとお望みなら、あなた御自身について述べること以外のすべての言及や意向を、僕の心の領土から消去されることでしょう。また、もしあなたが、僕の手があなたの御前で不正をなしたという理由でその僕に不運をお定めになるなら、あなたは、この世と次の世におけるすべての良きものを与えて、その僕がその利益に溺れ、あなたを記憶することを忘れてしまうかを僕を試されるでありましょう。

バブ

神よ、私の精神を活気づけ、喜ばせ給え。私の心を清め、私の力を輝きあるものとなし給え。私はすべてをあなたの御手にゆだねまつりました。あなたは私を導き給う御方に在し、また、私のかくれ家にまします。もう私は悲しみもせず、嘆き喜ず、幸せな喜びに満ちた者になります。神よ、私はもう不安に心を満たすこともなく、困難にも悩まされず、また、人生の不快なことにもわずらわされません。

神よ、あなたは、私自身よりもっと私に親御方に在します。おお主よ私のすべてをあなたにささげまつります。

アブドル・バハ

おお、わが神よ。おお、わが神よ。あなたに誉れあれ。あなたは、あなたの一体性に対する私の認識を確固たらしめ、あなたの唯一性の言葉に引きつけ、あなたの愛の火で燃え立たせ、あなたについて述べること、また、あなたの友らや侍女らに奉仕することに私を従事させ給いました。

おお主よ、私が従順で、謙虚であるようなし給え。そして、私が、すべてのものから自らを引き離し、あなたの栄光の衣の裾にすがりつくことができますよう、強くなし給え。それにより、私の心があなたの愛によって満たされ、この世への愛やその特質に対する愛着の余地も残さぬものとなし給え。

おお神よ。あなた以外のすべてのものからわたしを聖別し、罪と罪悪の不純物から私を清め、精神的な心と良心を持つ者となし給え。

まことにあなたは慈悲深き御方におわします。まことにあなたは、すべての者が助けを求める、最も寛大なる御方におわします。

アブドル・バハ

おお、わが主よ。おお、わが主よ。これは、あなたの愛の火で灯されたランプであり、その火はご慈悲の木に灯された炎で燃え上がっております。おお、わが主よ、この火と熱と炎が、あなたの顕現のシナイ山で灯された火によってさらに勢いを増すようなし給え。まことに、あなたは確信を与え給う御方、援助者、力強き御方、寛大なる御方、愛情深き御方におわします。

アブドル・バハ

神よ、あなたを目指して進み行くこの僕は恩愛情の砂漠を夢中でさまよい、御奉仕の道を歩いております。そして、御恩恵を待ち望み、御恩恵を願望し、御国に頼り、御賜物の美酒に歓び勇んでおります。神よ、あなたの愛によせる僕の愛情をいや増し給え。あなたをたたえまつる心を確固たらしめ給え。御愛情を請う熱烈な願いをいっそう強くなし給え。あなたは恵沢多き御方に在し、偉大なる御恩寵の御方にまします。あなたの他に神はいまさず、あなたは許し給い御慈悲に満ち給う御方に在します。

アブドル・バハ

おお、神よ、わが神よ。これはあなたの輝かしい僕であり、精神的な奴隷であります。この僕はあなたのお側に近寄り、あなたのご面前に近づき、また、あなたの御顔に自らの顔を向け、あなたの一体性を認め、あなたの唯一性を告白いたしました。そして、諸国であなたの御名を叫び、あなたのご慈悲の流水へと人々を導きました。おお、最も寛大なる主よ。主は、求める者らにあふれる導きの杯より計り知れない御恵みの美酒を飲ませ給いました。

おお主よ、いかなる状況においてもこの僕を援助し、しっかりと保護し給うあなたの神秘をこの僕に学ばせ、あなたの隠された真珠を注ぎ給え。この僕をして、あなたの天なる援助の風を受けて城にたなびく旗となし、水晶のごとき水を噴き出す泉となし給え。

おお、御許しの主よ。四方を照らすランプの光で人々の心を明るくなし給え。そのランプの光は、あなたがあなたの民の中でご恩寵深く恵沢を示し給うた者らに対し、万物の実在性を明かすものであります。

まことにあなたは強大なる御方、力に満ち給う御方、保護者、強力なる御方、慈善の御方であり、すべての慈悲の主なる御方におわします。

アブドル・バハ

おお神よ、わが神よ。これらはあなたのか弱い僕らであり、あなたの忠実な奴隷であり、また侍女らであります。彼らは、あなたの崇高なる発言の前で頭を垂れ、あなたの光の御敷居の前で謙虚でありました。また、その太陽を真昼の光で輝かせ給うたあなたの一体性を証言いたしました。彼らは、隠されたあなたの領域からあげられた召還のお声に耳傾け、愛と歓喜に心を震わせてあなたの呼びかけに応えました。

おお主よ、あなたのご慈悲の流出のすべてを彼らに注ぎ、御恵みの雨のすべてを彼らのうえに降らせ給え。彼らをして天の庭園における麗しき草木に成長させ、あなたの賜物で満たされ、溢れた雲によって、また、あなたの豊富な御恵みに満ちた深い池によって、花を咲かせさせ給え。そして、その庭園を常に青々とし、光沢あふれ、新鮮で、きらめき、麗しいものとなし給え。

まことにあなたは、強大なる御方、崇高なる方、力に満ちた御方におわし、天と地において唯一、不変であり給う。あなたの他に神はいまさず、あなたは明白なる御しるしと象徴の主におわします。

アブドル・バハ

彼こそは神におわします。

おお神よ、わが神よ。これらの僕は、御代においてあなたの神聖さの芳香に引きつけられた者であり、あなたの聖なる木に燃える炎で灯され、あなたの御声に応え、あなたへの賛美の言葉を発しております。また、あなたの微風で目覚め、あなたの甘き香に揺り動かされ、あなたの御しるしを目撃し、あなたの聖句を理解し、御言葉に耳傾け、あなたの啓示を信じまつり、あなたのご慈愛を確信しております。おお主よ。彼らの眼は、光輝あふれる栄光の王国に据えられ、顔は天上の領土に向けられ、心はあなたの輝かしく栄光ある美への愛に鼓動しております。おお、この世と来たる世の主よ、彼らの魂はあなたのご慈愛の炎で焼き尽くされ、彼らの生命はあなたへの願望の熱情で燃え立っており、また、涙はあなたのために流されております。

あなたのご保護と安全の要塞で彼らを守り、あなたの注意深いご配慮で擁護し、摂理とご慈悲の御眼で見守り給え。彼らをして、すべての地域に現われた聖なる一体性の印となし、壮大な御邸宅のうえにたなびく旗となし、お導きの天体に英知の油で燃えるまばゆい灯火となし、ご加護の楽園の最上の枝でさえずる知識の園の小鳥となし、あなたの最高のご慈悲によって底知れぬ大海に揺れるご恩恵の海の巨大な船となし給え。

おお主よ、わが神よ。これらの僕はあなたの卑しい僕であります。天上の御国において彼らを高め給え。彼らはか弱いものであります。あなたの最高のお力で彼らを強くなし給え。彼らは卑しめられております。あなたの最高の領域にあるご栄光を授け給え。彼らは貧しい者らであります。あなたの偉大なる領土で豊かになし給え。そして、眼に見える世界、見えざる世界、あらゆる世界であなたが定め給うた良きもののすべてを彼らに定め、この下界において彼らを繁栄させ、ご霊感により彼らの心を喜ばせ給え。おお、全存在物の主よ。あなたの栄光に満ちた地位から放たれた吉報で彼らの心を明く照らし給え。また、彼らの歩みを「最大なる聖約」において確かなものとなし、ご恩恵と約束された御恵みによって、彼らの腰をあなたの確固とした「ご遺訓」に強め給え、おお、恵み深く、慈悲深き御方よ。まことにあなたは恵み深き方、すべてに恩恵深き御方におわします。

アブドル・バハ

おお、供給者である御方よ。あなたは、西洋の友らの上に聖霊の甘い香りを漂わせ、聖なる導きの光を持って西の空を照らし、かつては遠く離れていた者らを近寄せ、見知らぬ者らを愛情深い友となし、眠っていた者らの眼を覚まし、無頓着な者らを用心深い者となし給いました。

おお、供給者である御方よ。これらの高貴な友らが、あなたのご意向に添うことができますよう援助し、彼らが、見知らぬ者の幸せと友の幸せの両方を願うようなし給え。彼らを永遠に続く世界に招じ入れ、天なる御恵みの分け前を与え給え。彼らが心から神のものとなり、真のバハイとなるようなし給え。外見上の見せかけから彼らを救い、真理に確固たるものとなし給え。彼らをして御国の御しるしや象徴となし、この下界の地平線上に輝く明るい星となし給え。また、人類の慰めや安らぎとなし、世界平和のための僕となし給え。あなたの助言の美酒で彼らを活気づけ、彼らみなにあなたの戒律の道を歩むことを許し給え。

おお、供給者である御方よ。あなたの御敷居にいるこの僕の最大の願いは、東洋と西洋の友らが固く抱擁するのを目にすること、人類社会の構成員みなが一つの大きな会合に愛を持って集まるのを見ること、あたかも一滴一滴の水が集まってひとつの強大な海となるかのように。さらに、彼らみなを一つのバラ園の鳥として、一つの海の真珠として、また、一つの樹の葉、一つの太陽の光線として見ることであります。

あなたは強大なる御方、力に満ち給う御方におわします。そして、あなたは強さの神、全能者、すべてを見給う御方におわします。

アブドル・バハ

おお主よ、私どもは弱き者故、力づけ給え。おお神よ、私どもは無知な者故、知ある者となし給え。おお主よ、私どもは貧しき者故、富ませ給え。おお神よ、私どもは命なき者故、生命を与え給え。おお主よ、私どもは卑しさそのもの故、あなたの御国において栄光を与え給え。おお主よ、もしあなたの御力添えがあれば、私どもはきらめく星となれましょう。もし御力添えがなければ土塊より卑しいものとなりましょう。おお主よ、私どもを力づけ給え。おお神よ、私どもに勝利をもたらせ給え。おお神よ、私どもに自我と欲望を克服させ給え。おお主よ、私どもを有形の世界の束縛より解き放ち給え。おお主よ、私どもがあなたを崇拝し、あなたに仕えるために立ち上がり、御国において誠実の限りを尽して努力するように、聖霊の息吹で私どもを蘇らせ給え。おお主よ、あなたは御力強く在します。おお神よ、あなた許し給う御方に在します。おお主よ、あなたは哀れみ深く在します。

アブドル・バハ


[1] バブ