神のおそばにいること

神のおそばにいること

おおわが神よ、あなたに栄光あれ。あなたは、熱烈に慕いまつる者らが、あなたからの別離のために嘆いているのを聞き給う。また、あなたを認識した者らが、御面前からの遠隔ゆえにむせび泣くのを聞き給う。おおわが主よ、御恵みの扉を彼らの方へ開け給え。それにより、彼らはお許しと御心のもとに中へ入り、ご威厳の玉座の前に立ち、お声の響きを耳にし、お顔の光の輝きで明るく照らされましょう。

あなたはお望みのままになす力を持ち給う。何人(なにびと)にも、御主権の力に抵抗することはできませぬ。永遠の古より、あなたはただひとりであり、誰も匹敵できるものはおりませんでした。また、永劫の未来まで、あなたに関するあらゆる思考と描写を超越し続けるのであります。それでは御恵みと御恩恵とにより、僕らに慈悲を垂れたまえ。そして、あなたのお近くという大海の岸辺から離したもうな。あなたが彼らを見捨てたもうならば、誰が彼らを慰めるでしょう。彼らを遠く引き離したもうならば、誰が彼らに行為を示すでしょう。彼らの主はあなた以外にいまさず、崇敬するものも他におりません。恩恵深き御恵みにて、彼らを寛大にあしらい給え。

あなたはまことに、常に許したもう御方、最も憐れみ深き御方におわします。

バハオラ

おおわが神よ。まことに私はあなたの僕、嘆願者、惨めな生き物であります。私はあなたの避難所を求め、あなたの門にたどり着きました。全創造物は、荘厳なる御本質から遮られ、創造界全体が最も内奥なる御生存に達することができないことを知っておきながら、わたしは、御愛情のみに満足を見出し、御記憶のみに歓喜し、あなたへの従順のみを切望し、おそば近くにいることのみを喜び、あなたとの再会の身に平穏としました。あなたに近づこうとする時は常に、私はわが内に、御恵みの印を感知し、わが生存内に御慈愛の啓示を見出すのであります。あなたの創造物なる者がいかにして、あなたと再会し、御面前に達することができましょう。いやそれどころか、あなたと交わり、あなたを理解できる生き物は存在しないのです。あなたは僕のために、御領土を啓示し、御主権の驚くべき証拠を啓示し給うたにも関わらず、そのみすぼらしき僕は、どうやってあなたを認め、賛美できましょう。かくして、あらゆる創造物は、その内奥なる実在性に課せられた制限により、御面前という聖域から遮られていることを証言するのであります。しかし、御摂理の神聖なる宮廷に似つかわしいものは、創造界全体が到達できないものであるにもかかわらず、御魅惑の影響力が、あなたの造り給うたものの実在性に永遠に内在することは疑いの余地がありません。おおわが神よ。これは、私があなたを賛美すること、あなたに感謝を捧げることが全くできないことを示すものであります。そして、あなたの聖なる一体性を認めること、あなたの賛美、神聖さ、御栄光に関する明白な印に達することは、なおさらできないことであります。いや、御強大さにかけて誓います。わたしはあなた御自身の身を切望するのであり、あなたのみを求めるのであります。

バブ

おおわが神よ。あなたのみが、わが苦悶を和らげられるのであり、あなたはわが切望する最高の御方におわします。おおわが神よ。わが心はあなたのみに、またあなたを愛する者らのみに結びついております。わが生命と死があなたのためにあることを心から宣言いたします。まことに、あなたは比類なき御方であり、並ぶもののなき御方におわします。

おおわが主よ。あなたから自らを締め出したことを許し給え。御栄光と御威厳にかけて申します。あなたは御自身をわたしに明かし給い、御地位にふさわしいようにあなたを記憶するよう呼びかけ給うたにかかわらず、わたしは、あなたを適切に認め、崇拝することができませんでした。おおわが主よ。わが過失と逸脱故にあなたがわたしを捉え給うならば、わたしはまことに哀れなるものかな。あなた以外の救助者を私は知りません。あなた以外に避難できる場所もなく、御許しなく、あなたに取りなしを試みる者は創造物の中におりません。わたしは御宮廷の前にて御愛情にすがりつくものであります。また、御命令に応じて、御栄光にふさわしいように、ただひたすら、あなたに祈るのであります。お約束し給うたように、わが呼びかけに応え給うよう、懇願いたします。まことに、あなたは神であり、あなた以外に神はいませぬ。ただ独り、助けるものもなく、あなたは全創造物から独立された御方におわします。また、わが愛する者らの献身もあなたの益になることはなく、不忠実なる者らの悪行もあなたを傷つけることはできません。まことにあなたがわが神、御約束を必ず果たし給う御方におわします。

おおわが神よ。御好意の証跡により懇願いたします。神聖なる御面前の荘厳なる地位にわたしを引き寄せ給え。また、あなた以外の者のほのめかしに身を寄せることから守り給え。おおわが神よ。あなたが受け入れ給い、お好みになるものへわが歩みを導き給え。御強大さにより、わたしを御怒りと天罰よりかばい給え。そしてお望みにならぬ住処に入らぬよう私を引き留め給え。

バブ

おお神よ、わが神よ、最愛なる方、心の望みよ。

バブ

おお主よ、わが神、苦悩の時の安息所なる御方よ。悲哀の時の盾にして避難所なる御方よ。困窮の時の隠れ家にして庇護の場なる御方、寂しい時の伴侶なる御方よ。苦しい時の慰め、孤独な時の愛情深き友なる方よ。悲しい時の痛みを取り除き給う御方、わが罪をお許しなる御方よ。わたしはあなたのみに向かい、心と知性と舌とを全てこめてただひたすら懇願いたします。この聖なる御一体性の周期において御意思に反することから私をかくまい給い、清廉潔白な状態で御恵みの木陰を求めることを妨げる全ての汚れから私を洗い清め給え。

おお主よ。貧弱なる者に慈悲をたれ給い、病める者を健全となし、枯渇する喉を潤し給え。

御愛情のくすぶる火で胸を喜ばせ、天なる御愛情と御精神の炎で燃え上がらせ給え。

聖なる一体性の幕屋を神聖の衣でまとわせ、わが頭に御好意の冠をかぶせ給え。

わが顔を御恩恵の輝きで明るくなし、聖なる御敷居にて仕えることにて恵み深く援助し給え。

あなたの創造物への愛でわが心があふれるようになし、わたしを御慈悲の印、御恵みの兆候、愛されし者らの間に調和を促進する者となし給え。あなたに献身し、あなたを記憶する言葉を発し、自我を忘れ、あなたに属するものを常に覚えておくようになし給え。

おお神よ、わが神よ。御容赦と御恵みの優しき風から私を引き離し給うな。そして、御援助と御好意の泉を私から奪い給うな。

保護の御翼の下蔭にて私を休ませ、全てを保護する御眼の視線を私に垂れ給え。あなたの民の間で御名を賛美するよう、わが舌を緩め給え。それにより、わが声が大集会で上げられ、わが口からはあなたの賛美があふれんばかりに流れい出ますように。

あなたはまことに、恵み深き御方、栄光に満ちた御方、強大なる御方、全能者におわします。

アブドル・バハ

彼こそは憐れみ深き御方、全てに恵み深き御方におわします。おお神よ、わが神よ。あなたはわたしをみそなわせ給い、私を御存じにおわします。あなたはわが隠れ家であり、避難所におわします。わたしはこれまであなた以外に求めることはなく、これからもありません。これまであなたの愛以外の道を歩むことはなかったし、これからもありません。絶望の暗い夜、わが眼は、希望と期待に満ちた状態で、限りなき御好意の朝に向かいます。そして夜明け時にはわが萎れた魂は、あなたの美と完ぺき性を記憶することで生気づき、強められます。御慈悲の恵みが援助するならば、一滴の水でさえ無限の大海となり、御慈愛が援助すれば、一個の原子でさえも輝かしい星のごとく光輝を放つのです。

おお純潔の精神なる御方、全てに恩恵深き供給者なる御方よ。この魅惑され、火を灯されたあなたの僕を、御保護の下でかくまい給え。この生存の世界にて、あなたの愛において確固不動となれるよう援助し給え。そして、この翼破れた取りが天なる樹の上にある、あなたの聖なる巣の隠れ家と避難所に到達できるようなし給え。

アブドル・バハ