確固不動

確固不動

おおわが神よ。わたしは御名を称え、感謝を捧げまつります。おおわが望みよ。なぜならば、あなたはわたしがまっすぐの道をはっきりと見極めるようになし、偉大なる告知をわが眼に明かしたまい、御啓示の曙そして大業の源泉の方へわが顔を向かわせ給うたからであります。しかしあなたの僕らと民はあなたにそむきました。永久の御国の主なる御方よ。青く生い茂る樹から大声で呼びかける燃える火、栄光のペンの甲高い音、そしてバハの人々に特別に定め給うた箱舟により懇願いたします。あなたへの愛においてわたしが確固不動たるものでありますように。書において定め給うたすべてのことに私が満足できますように。また、あなたと愛されし者らへの奉仕において堅固でありますように。おおわが神よ、大業を高めるものをなし、書に啓示し給うたことすべてを守ることができるよう、僕らを恵み深く援助し給え。

まことに、あなたは力強き主におわし、お望みのままに定め給う御方、万物を支配し給う御方におわします。あなた以外に神はいまさず、あなたはすべてに力満ちたまい、すべてをご存じにてすべてに賢き御方におわします。

バハオラ

御名に誉れあれ、おお主よ、わが神よ。全創造物を包み込んだ御力により、また、全創造界を超越したご主権と、あなたの英知に隠されたる御言葉、天と地をお創りになる手段となった御言葉により懇願いたします。私どもが、あなたを愛すること、あなたのお喜びに従順であることにおいて確固不動であるようなし、御顔に視線をすえ、ご栄光を称えることができるようなし給え。おお、わが神よ。あなたの創造物の間で御しるしを広め、領域内で信教を擁護することを可能とする力を私どもに授け給え。あなたは、常に、また、これからも永遠に、創造物のいかなる言及からも独立して存在し給います。

私はあなたにすべての信頼を置き、あなたの方へ顔を向け、私がつかんだあなたのお優しい摂理の綱へ顔を向け、わたしが急いで近づいたご慈悲の影の方へ顔を向けました。おお、わが神よ。私を、御扉に入ることを拒否された者として見捨て給うな。また、私から御恵みを引き離し給うな。なぜなら、私はあなただけを求めているからです。あなたの他に神はいまさず、あなたは常に許し給う方、最も恩恵深き御方におわします。

あなたに誉れあれ、おお、あなたを知るに至った者らに最愛なる御方よ。

バハオラ

おお、あなたのお側は私の望みであり、あなたの存在は私の希望であります。あなたを思い起こすことは私の願望であり、あなたの栄光の宮廷は私の目標であり、あなたのお住まいは私の目的であり、あなたの御名は私の治癒であり、あなたの愛は私の心の輝きであり、あなたへの奉仕は私の最高の熱望であります。あなたの御名により、私の顔をあなたの御顔へ向け、視線をあなたへ据え、ご栄光について語るのを助け給うよう懇願いたします。その御名を通して、あなたはあなたを認めた者らがあなたの知識の最高点へ昇るのを可能ならしめ、あなたを献身的に崇拝する者らが聖なるご恵沢の宮廷に昇っていくのを可能ならしめ給いました。

おお、わが主よ。私は、あなたの他のすべてを忘れ、御恵みの曙に向かい、あなたの宮廷に近づきたいという願いのためにあなた以外のすべてを捨て去った者であります。それゆえ、私の目があなたの御顔の光の輝きできらめく玉座へ向けられているのをみそなわせ給え。おお、最愛なる御方よ、私が不信心な者らの疑惑であなたへ向かうのを妨げられることなきよう、あなたの大業に確固たることを可能にするものを私に下し給え。

まことにあなたは、御力の神、危難の中の救助者、栄光に満ちた御方、全能者におわします。

バハオラ

おお神よ、我が神よ。私は悔い改め、あなたを仰ぎまつりました。まことにあなたは許し給い、哀れみ深き御方に在します。

おお神よ、我が神よ。私はあなたのみもとに帰って参りました。まことに、あなたは常に許し給い、御恩寵深き御方にまします。

おお神よ、我が神よ。私はあなたの御恩恵の御綱におすがり申しました。天と地にあるすべてのものの宝庫はあなたと共にあります。

おお神よ、我が神よ。私はあなたのみもとへと急ぎました。まことに、あなたは許し給い、限りなき御恩寵の御方にまします。

おお神よ、我が神よ。私はあなたの御恩寵の聖き美酒を渇望いたしております。まことに、あなたは与え給う御方に在し、御恩寵深く、御恵み豊かにましまし、全能者にまします。

おお神よ、我が神よ。私はここに証言いたします。あなたは御教えを啓示し給い、もはや聖約を果たし給いました。そして愛し給う人々の心をあなたのみもとへと引き寄せるものを御恩寵の天上より遣わし給いました。あなたの光まばゆい御衣の御裾にすがりまつる者は幸いであります。

おお、存在するものすべての主に在し、目に見えるもの、見えぬものすべての王にまします君よ。御力と、御尊厳と、御主権とにより願いまつる。御栄光の筆により、あなたに献身しまつる人々の中に私の名を書き加え給え。彼らこそは、罪深き者らの書物にも決して妨げられることなく一心にあなたの御顔の御光を仰ぎまつる人々であります。おお、祈りを聴き給い、祈りにこたえ給う神よ。

バハオラ

あなたに誉れあれ、おお主よ、わが神よ。あなたの最大名である御方、あなたの真理を否定した創造物らからひどい苦難を受けた御方、いかなる舌も描写し得ない悲しみに包み込まれた御方によって懇願いたします。すべての者があなたの美に顔を背け、あなたに異論を唱え、あなたの大業の啓示者である御方に軽蔑をもって背いたこれらの日々、私があなたを記憶し、あなたをほめ称え奉ることができますようなし給え。おお、わが主よ、あなたご自身を除いてあなたを助けるものはなく、あなたご自身の力の他にあなたを救助できる力はありません。

私が、あなたの愛とあなたを思い起こすことに確固たるよう、懇願いたします。まことに、これは私の力の範囲にあり、あなたは私の内にあるものすべてを知り給う御方におわします。まことに、あなたは知り給い、すべてに精通し給う御方におわします。おお、わが主よ、全世界を照らすあなたのお顔の光の輝きを私からお取り上げになりませんよう願いまつる。あなたの他に神はいまさず、あなたは最も力に満ちたお方、栄光に満ちた方、常に許し給う御方におわします。

バハオラ

あなたに賛美あれ、おお主よ、わが最愛なる御方よ。私をあなたの大業に確固不動となし給え。私を、あなたの聖約に違反する者や、自分のたわいない空想の神々に従う者らの一人とみなし給うな。そして、私に、あなたの面前で真の座を得させ給え。私の上にあなたの慈悲の象徴を授け、恐れることも、悲しむこともないあなたの僕らの中に私を加え給え。おお主よ、私をひとりにすることなく、あなたご自身の顕示者である御方を認めることを私から奪わず、また、私を、あなたの聖なる御前から背き去った者とみなし給わぬように。おお、わが神よ、私を、あなたの美に視線を据える特権を得た者らの中に数え給え。また、それに喜びを見出し、それらを、天と地の王国の主権や創造界の領域全体と交換しようと、一瞬たりとも思うことがない者らの中に数え給え。おお、主よ、あなたの地上の諸民族が嘆かわしい過ちを犯したこれらの日々に、私の上に慈悲を垂れ給え。そして、おお、わが神よ、あなたのお目に適う良きもの、ふさわしいものを私に授け給え。まことに、あなたは力に満ちた方、恵み深き方、恩恵深き方、常に許し給う御方におわします。

おお、わが神よ、耳の聞こえないもの、眼の見えないもの、語ることができないもの、心に悟りが欠けているもの、そのような者らの中に私を数え給うな。おお主よ、私を無知と利己的な欲望の火から救い、超越的なご慈悲の聖域に入れ、選ばれた者らに定め給うたものを私に下し給え。あなたはお望みのまま

になす御力を持ち給う。まことに、あなたは危難の中の救助者におわし、ご自力にて存在し給う御方におわします。

バブ

おお神よ、あなたに賛美と誉れあれ。聖なるご面前に達する日が急速に近づくようなし給え。あなたの愛とお喜びの力により、私どもの心を活気づけ、私どもが進んであなたの御心とご法令に従うよう、私どもに不動の姿勢を授けたまえ。まことにあなたの知識は、あなたが創り給うたすべてのもの、あるいはこれから創り給うすべての物を包み込み、あなたの天なるご威力はあなたが生じ給いましたもの、これから生じ給うもののすべてを超越するものにおわします。あなたの他に崇拝すべきものはなく、望むべきものはなく、崇敬すべきものはなく、また、あなたのお喜びの他に愛されるべきものはありません。

まことにあなたは、最高の支配者、至高の真理、危難の中の救助者、ご自力にて存在し給う御方におわします。

バブ

おお主よ、我が神よ。愛し給う者らが信仰を固め、あなたの道を進み、あなたの大業に不動でありますよう助け給え。彼らが自我と欲望の猛襲をはねのけ、聖なる御導きに従うことができますよう、御恩寵を垂れ給え。あなたは御力に満ち給う御方に在し、御仁慈の御方にましまし、御自力にて存在し給う御方に在します。また、与え給い、哀れみ給い、全能に在し、恵沢多き御方にまします。

アブドル・バハ

おお、わが神よ、探求者を正しい導きの道へ導き給う御方よ。道に迷い、目の見えない魂を破滅の荒野から救い出し給う御方よ。誠実な者に大いなるご恩恵とご恵沢を授け給う御方よ。恐怖にかられている者をあなたの難攻不落の避難所にかくまい給う御方よ。あなたに向かって叫びを上げる者らの声に、あなたの最高の地平線上よりお答えになる御方よ。あなたに賛美あれ、おお、わが主よ。あなたは、道から逸れた者らを不信という死から導き出し、また、あなたに近づいた者らを旅路の目標へと導き給いました。そして、僕らの中で確信を得た者らを、最も大切な願望をかなえることによって喜ばせ、あなたを切望する者らの前に、あなたの美の王国より、再会の扉を開き給い、剥奪と損失の火から彼らを救い給いました。それにより、彼らはあなたの元へ急ぎ、ご面前に達し、歓迎の御扉に到達し、贈り物の豊富な分け前をいただきました。

おお、わが主よ、彼らは喉の渇きを覚えました。あなたは、彼らの乾いた唇に再会の水を差し出し給いました。おお、お優しき方よ、授け給う御方よ、あなたは、彼らの苦痛を、恩恵と御恵みの鎮静剤で和らげ、彼らの病を、御哀れみの最高の医薬で癒し給いました。おお主よ、あなたの道において彼らの歩みを確固としたものとなし、彼らのために針の目を広くし、高貴な礼服で装わせ、栄光の道を永遠に歩くことを許し給え。

まことに、あなたは寛大なる御方、常に与え給う方、尊敬すべき方、最も恩寵深き御方に在します。あなたの他に神はいまさず、あなたは強大なる御方、力強き方、崇高なる方、勝ち誇る御方におわします。

アブドル・バハ