火の書簡

火の書簡

最古より存在し給う御方、最も偉大なる御方である神の御名において。

まことに、誠実なる者の心は別離の火中で焼き尽くされております。どこにあなたの御顔の御光の輝きはあるのでしょうか。おお、諸々の世界が敬愛しまつる御方よ。

あなたのおそば近くいる者たちは、荒廃の暗黒の中に見捨てられております。どこにあなたとの再会の朝の輝きはあるのでしょうか。おお、諸々の世界が待望しまつる御方よ。

あなたが選び給うた者たちの身体は、遠方の砂漠で倒れ、震えております。どこにあなたの御前にあることの大洋があるのでしょうか。おお、諸々の世界の魅惑者よ。

あこがれの両手は、あなたの御恵みと御寛大さの天に向って差し伸べられております。どこにあなたの賜物の雨はあるのでしょうか。おお諸々の世界に答え給う御方よ。

不信心な者たちは四方八方に暴虐をふるっております。どこにあなたの制定のペンの持つ、人を動かさずにはおかない力はあるのでしょうか。おお、諸々の世界の征服者よ。

犬の吠え声は四方に騒々しく響いております。どこにあなたの御威力の森の獅子はいるのでしょうか。おお、諸々の世界の懲罰者よ。

寒気が全人類を押えつけてしまいました。どこにあなたの御愛情の温かさはあるのでしょうか。おお、諸々の世界の炎よ。

惨禍はその極に達しました。どこにあなたの救援の御しるしはあるのでしようか。おお、諸々の世界の救済者よ。

暗黒が人類の大半を覆い包みました。どこにあなたの光輝の輝きがあるのでしょうか。おお、諸々の世界を照らす光よ。

人々の首は敵意によって引き伸ばされております、どこにあなたの復讐の剣はあるのでしょうか。おお、諸々の世界の破壊者よ。

屈辱はどん底にまで達しております。どこにあなたの栄光の象徴はあるのでしょうか。おお、諸々の世界の栄光よ。

悲嘆が慈悲深き御方なるあなたの御名の啓示者を悩ましております。どこにあなたの啓示の夜明けの歓喜はあるのでしょうか。おお諸々の世界の喜びなる御方よ。

苦悶が地上の全人類に降り掛かっております。どこにあなたの歓喜の御しるしはあるのでしょうか。おお、諸々の世界の歓喜のもとなる御方よ。

あなたは御自身の御しるしの曙の地点がよこしまな示唆によって隠されているのをみそなわせ給う。どこにあなたの御力の御指はあるのでしょうか。おお、諸々の世界の御力なる御方よ。

全人類はのどの渇きに圧倒されております。どこにあなたの御恵みの川はあるのでしょうか。おお、諸々の世界の慈悲なる御方よ。

貪欲が全人類を虜にしてしまいました。どこに世俗超越の権化はあるのでしょうか。おお諸々の世界の主なる御方よ。

あなたは、この虐げられた者が寂しく流罪になっているのをみそなわせ給う。どこにあなたの指揮下にある天上の軍勢はいるのでしょうか。おお、諸々の世界を統べ給う御方よ。

私は異国にあって見捨てられております。どこにあなたの誠実さの象徴はあるのでしょうか。おお、諸々の環が信頼まつる御方よ。

死の苦悶がすべての人々を捕らえました。どこにあなたの永遠の生命の大洋に打ち寄せる潮騒はあるのでしょうか。おお、諸々の世界の命なる御方よ。

悪魔のささやきがあらゆる生き物に小声で語りかけております。どこにあなたの炎の流星はあるのでしょうか。おお、諸々の世界の光明よ。

人類の大半は情欲に酔いしれて邪道に陥っております。どこに純潔の夜明けはあるのでしょうか。おお、諸々の世界が熱望しまつる御方よ。

あなたはこの虐げられた者が、シリア人たちの中で暴虐により覆い隠されているのをみそなわせ給う。どこにあなたの夜明けの光の輝きはあるのでしょうか。おお、諸々の世界の光明なる御方よ。

あなたは私が宣言することを禁じられているのをみそなわせ給う。さらばいずこよりあなたのメロディが発せられるのでしょうか。おお、諸々の世界の小夜鳥にまします御方よ。

人類の大半は妄想と空想に包まれております。どこにあなたの確信を陳述する者たちはいるのでしょうか。おお、諸々の世界に確信を与え給う御方よ。

バハは苦難の海でおぼれかけております。どこに救助の箱舟はあるのでしょうか。おお、諸々の世界の救助者にまします御方よ。

あなたは創造界の暗黒の中で御言葉の夜明けをみそなわせ給う。どこにあなたの御恩寵という天の太陽があるのでしょうか。おお、諸々の世界に光明を与え給う御方よ。

真理と純潔、忠誠と栄誉の灯は消されました。どこにあなたの復習の怒りの徴候があるのでしょうか。おお、諸々の世界を動かし給う御方よ。

あなたの御本質そのものを擁護するために働き、あなたの御愛情の道において彼に降り掛かったことを考える者を見いだすことができましょうか。今や私のペンは停止いたします。おお、諸々の世界の敬愛しまつる御方よ。

神聖なるロートの木の枝々は、吹きあれる運命の疾風によって折れ、横たわっております。あなたの救助の御旗はどこにあるのでしょうか。おお、諸々の世界を擁護し給う御方よ。

この顔は中傷の塵の中に隠されております。どこにあなたの御哀れみの微風はあるのでしょうか。おお、諸々の世界の御恵み深き御方よ。

清らかさという衣は虚偽の人々によって汚されております。どこにあなたの神聖の衣はあるのでしょうか。おお、諸々の世界を飾り給う人々よ。

恩寵の海は人々の手が行なったことのために静まり返っております。どこにあなたの御恩寵の波はあるのでしょうか。おお、諸々の世界が待望しまつる御方よ。

神の御前に通じる扉は、あなたの敵の暴虐によって閉鎖されております。どこにあなたの贈与の鍵はあるのでしょうか。おお、諸々の世界の鍵をお開けになる御方よ。

木の葉は扇動の有害な風によって黄ばんでおります。どこにあなたの御恩寵の雲からの雨はあるのでしょうか。おお、諸々の世界の贈与者にまします御方よ。

宇宙は罪の塵で暗やみになっております。どこにあなたの御許しの微風はあるのでしょうか。おお、諸々の世界の罪をお許しになる御方よ。

この若者は荒廃の地で独り寂しく過ごしております。どこにあなたの天上の御恵みの雨はあるのでしょうか。おお、諸々の世界に授け給う御方よ。

おお、最高のペンよ、我は永遠の王国で汝の最も甘美な呼び掛けを聞いた。荘厳なる舌が発したことに耳を傾けよ。おお、諸々の世界の虐げられし者よ。

もし寒さがなかったなら、いかにして汝の言葉の熱は流布されようか。おお、諸々の世界の陳述者よ。

もし災難がなかったなら、いかにして汝の忍耐の太陽は輝き出せようか、おお、諸々の世界の光よ。

悪人のために嘆くな。汝は忍び、耐えるために創造された。おお、諸々の世界の忍耐よ。

扇動者たちに囲まれる中、聖約の地平線上への汝の出現と、汝の神に対するあこがれはいかに甘美であったことか。おお、諸々の世界の愛よ。

汝によって独立の旗は最も高い頂に立てられ、恩寵の海は波打った。おお、諸々の世界の狂喜よ。

汝の孤独により一体性の太陽は輝き出し、汝の追放により和合の国は飾られた。忍耐せよ。おお、諸々の世界の追放者である汝よ。

我は屈辱を栄光の衣と定め、苦難を汝の寺院の飾りとした。おお、諸々の世界誇りよ。

汝は諸々の心が悪意に満たされていることに気付いているが、看過することが汝の務めである。おお、諸々の世界の罪を隠す者よ。

剣がひらめく時前進せよ、矢が飛ぶ時突進せよ。おお、諸々の世界のいけにえである汝よ。

汝が歎くか、それとも汝が歎こうか。むしろ、汝の擁護者の少数たることに我は涙を流そう。おお、諸々の世界の嘆きの源なる汝よ。

まことに私はあなたの御呼びかけを耳にいたしました。おお、すべてに栄光ある、最愛なる御方よ。そして今、バハの顔は苦難の熱と、あなたの輝く御言葉の火により燃え上がっております。そして彼はあなたの御喜びを求めて、いけにえのささげ台に忠実に立ち上がっております。おお、諸々の世界の制定者よ。

おお、アリ・アクバルよ、この書簡をもって汝の主に感謝せよ。これにより汝は、我の従順さの香りをかぎ、諸々の世界のあこがれである神の道において我を悩ませたことは何かを知るであろう。

すべての僕がこれを読み熟考するならば。彼らの血管中に諸々の世界を燃え上がらせる火が赤々と燃え立つであろう。

バハオラ