断食の祈り

断食の祈り

「アグダスの書」に次のように記されている――

「我は、汝らに、成人に達した時から祈りと断食をするよう命じた...。旅人や病弱者、妊娠中、あるいは授乳中の者らには断食の義務はない...。日の出から日の入りまで飲食を控え、欲望のために聖典に定められた恩寵を奪われぬよう、注意せよ。」

(「アグダスの書」第10、16、17段)

おお、わが神よ、これはあなたが愛し給う者らに断食を命じ給うた期間の最初の日であります。あなたご自身にかけて、また、自我や欲望、また、あなたのお怒りを恐れるからではなく、あなたへの愛と、お喜びのために断食した者にかけて、そしてあなたの最も優れた諸々の御名と最も尊い属性とにより願いまつる。僕らをあなた以外のすべてのものへの愛から清め、御顔の光が射し出る『夜明けの地』、あなたの一体性の玉座へ彼らを近づけ給え。おお、わが神よ、あなたの知識の光で彼らの心を照らし、御心の地平線上に輝く昼の星の光線で彼らの顔を輝かせ給え。あなたはお望みのままになす御力を持ち給う。あなたの他に神はいまさず、あなたは栄光に満ち給う御方、万人が援助をこいねがう御方におわします。

おお、わが神よ、あなたに勝利をもたらし、あなたのお言葉を高めることができますよう、彼らを助け給え。そして彼らが、僕らの間にあって大業の手となれるようなし給え。また、人類の間であなたの宗教と御しるしを示す者となし給え。そうすることにより、全

世界はあなたを思いおこし、賛美することにより、また、あなたの証明と証拠によって満たされることでしょう。まことに、あなたはすべてに恩恵深き御方、最も崇高なる御方、

力強き御方、強大なる御方、慈悲深き御方におわします。

バハオラ

神の書に約束された御方の御名、すべてを知り給う御方、すべてに精通し給う御方にかけて。断食の日々がやってまいりました。この期間にあなたの玉座の周りを回り、あなたの御前に達した者らは断食をいたしました。言挙げよ。おお、諸々の名の神、天と地の創造者よ。あなたの御名、栄光に満ち給う御方により懇願いたします。あなたへの愛のため、また、あなたのお喜びのために断食し、聖なる書や書簡であなたが命ぜられたことを実行した者らの断食を受け入れ給え。彼らにかけて懇願いたします。私の足が、あなたの創造物の叫びによって滑ってしまわぬよう、あなたの大業を広めることにおいて私を援助し、あなたへの愛に不動であるようなし給え。まことにあなたは、御心のままになす力を持ち給う。あなたの他に神はいまさず、あなたは蘇らせ給う御方、力に満ち給う御方、最も恵み深い御方、日の老いたる御方におわします。

バハオラ

おお我が神よ、あなたの強大なる御しるしと、人々に示し給う御恩寵とにより願いまつる。あなたのまします都の門前から私を追放し給わぬよう、また、創造物に現わし給う御恩寵に望みをかける私を失望させ給わぬよう懇願いたします。神よ、みそなわす通り私は、最も神聖に在し、最も輝かしく、最もみいず高く最も偉大にましまし、最も高貴に在し、最も栄光に満ち給うあなたの御名にすがりまつり、現世と来たるべき世のすべての者がすがりまつる御衣の裾をしっかりと握りしめております。

おお我が神よ、あなたの最も甘美なる御声と、最も高貴なる御言葉とにより願いまつる。私を常に御扉の敷居により近く引き寄せ給え。御慈悲の下陰と、御恩寵の天蓋のもとから私が遠く留まることのないようなし給え。神よ、みそなわす通り私は、最も神聖に在し、最も輝かしく、最もみいず高く最も偉大にましまし、最も高貴に在し、最も栄光に満ち給うあなたの御名にすがりまつり、現世と来たるべき世のすべての者がすがりまつる御衣の裾をしっかりと握りしめております。

おお我が神よ、あなたの御額の光明の輝きと、至高の地平線を照らすあなたの御顔の光明の光輝とにより願いまつる。御衣の芳香により私を魅了し給い、御言葉のより抜きの美酒を私に飲ませ給え。神よ、みそなわす通り私は、最も神聖に在し、最も輝かしく、最もみいず高く最も偉大にましまし、最も高貴に在し、最も栄光に満ち給うあなたの御名にすがりまつり、現世と来たるべき世のすべての者がすがりまつる御衣の裾をしっかりと握りしめております。

おお我が神よ、御顔にゆらぐ御髪により願いまつる。あなたは最も崇高なる筆を御書の紙上に走らせ給い、諸々の隠された意味の芳香を創造界に漂わせ給いました。同じように私を御教えに奉仕すべく起ち上がらせ給え。そして、決して後退することなく、また、御しるしを中傷し、御顔にそむく人々のささやきに妨げられることがないようなし給え。神よ、みそなわす通り私は、最も神聖に在し、最も輝かしく、最もみいず高く最も偉大にましまし、最も高貴に在し、最も栄光に満ち給うあなたの御名にすがりまつり、現世と来たるべき世のすべての者がすがりまつる御衣の裾をしっかりと握りしめております。

おお我が神よ、あなたがすべての名の王となし給いましたあなたの御名、また、天と地にあるすべてのものを歓喜に奮い立たせ給うあなたの御名により願いまつる。私をしてあなたの美の昼の星を眺めることを可能ならしめ給え。そして、御言葉の美酒を私に授け給え。神よ、みそなわす通り私は、最も神聖に在し、最も輝かしく、最もみいず高く最も偉大にましまし、最も高貴に在し、最も栄光に満ち給うあなたの御名にすがりまつり、現世と来たるべき世のすべての者がすがりまつる御衣の裾をしっかりと握りしめております。

おお我が神よ、至高の頂にそびえるあなたの荘厳なる聖堂と、最高の峰々に立つあなたの御啓示の天蓋とにより願いまつる。私があなたの御心の望むままに行い、あなたの御目的の示すままになすことができますよう恩寵深く援助し給え。神よ、みそなわす通り私は、最も神聖に在し、最も輝かしく、最もみいず高く最も偉大にましまし、最も高貴に在し、最も栄光に満ち給うあなたの御名にすがりまつり、現世と来たるべき世のすべての者がすがりまつる御衣の裾をしっかりと握りしめております。

おお我が神よ、永遠の地平線上に輝くあなたの美により願いまつる。まことにあなたの美こそは、その姿を現わす時、美の王国も速やかに礼拝にひれ伏し、響きわたる旋律をもって讃美をささげまつる美であります。願わくは私が所有するすべてのものに死し、あなたに属するあらゆるものの内に生きることができますようなし給え。神よ、みそなわす通り私は、最も神聖に在し、最も輝かしく、最もみいず高く最も偉大にましまし、最も高貴に在し、最も栄光に満ち給うあなたの御名にすがりまつり、現世と来たるべき世のすべての者がすがりまつる御衣の裾をしっかりと握りしめております。

おお我が神よ、あなたを愛しまつる人々の心を焼き尽くし、地上に住む者皆の魂を天高く舞い上がらせ給うあなたの御名の顕示者にまします最愛なる御方により願いまつる。あなたの創り給いました者らの中であなたを記憶し、あなたの民の中に立ちあなたをほめたたえまつることができますよう私を助け給え。神よ、みそなわす通り私は、最も神聖に在し、最も輝かしく、最もみいず高く最も偉大にましまし、最も高貴に在し、最も栄光に満ち給うあなたの御名にすがりまつり、現世と来たるべき世のすべての者がすがりまつる御衣の裾をしっかりと握りしめております。

おお我が神よ、聖なるロートの木のさざめきと、御名の王国における御言葉のそよ風のささやきとにより願いまつる。御心により忌み給うすべてのものから私を遠ざけ、あなたの御しるしの曙にまします御方が輝き拙づる地位に私を近づけ給え。神よ、みそなわす通り私は、最も神聖に在し、最も輝かしく、最もみいず高く最も偉大にましまし、最も高貴に在し、最も栄光に満ち給うあなたの御名にすがりまつり、現世と来たるべき世のすべての者がすがりまつる御衣の裾をしっかりと握りしめております。

おお我が神よ、御神意の御口から発せられるや、たちまち海原を波立たせ、風を巻き起し、果実を実らせ、木々を芽生えさせ、過去の痕跡を一掃し、暗幕をすべて引き裂き、あなたに献身しまつる人々を全き自由の御方にまします彼らの主の御顔に急ぎ向かわせた、かの文字により願いまつる。あなたの知識の宝庫に隠され、あなたの英知の倉に秘められたものを私に知らしめ給え。神よ、みそなわす通り私は、最も神聖に在し、最も輝かしく、最もみいず高く最も偉大にましまし、最も高貴に在し、最も栄光に満ち給うあなたの御名にすがりまつり、現世と来たるべき世のすべての者がすがりまつる御衣の裾をしっかりと握りしめております。

おお我が神よ、選び給うた人々や、愛し給う者の眼から眠りを追い払う御愛情の炎と、また、暁に彼らがあなたにささげまつる讃美と追想とにより願いまつる。御聖典により下し給い、御心により啓示し給うことに到達した人々の中に私を数え給え。神よ、みそなわす通り私は、最も神聖に在し、最も輝かしく、最もみいず高く最も偉大にましまし、最も高貴に在し、最も栄光に満ち給うあなたの御名にすがりまつり、現世と来たるべき世のすべての者がすがりまつる御衣の裾をしつかりと握りしめております。

おお我が神よ、おそば近く侍る人々が、あなたの御定めの矢を受けとめ、献身しまつる人々があなたの聖道においてあなたの敵の剣に立ち向かうことを強い給うあなたの御顔の光明により願いまつる。信頼し給い、選び給うた人々に対し書き与え給いましたものを、あなたの最も崇高なる筆により私にも書き与え給え。神よ、みそなわす通り私は、最も神聖に在し、最も輝かしく、最もみいず高く最も偉大にましまし、最も高貴に在し、最も栄光に満ち給うあなたの御名にすがりまつり、現世と来たるべき世のすべての者がすがりまつる御衣の裾をしっかりと握りしめております。

おお我が神よ、あなたの御名により願いまつる。あなたはあなたの御名を通じて愛しまつる者の呼び声と、慕いまつる者の溜息とを聞き給い、あなたのおそば近く達した者の叫びと、あなたに身をささげまつる者のうめき声とに耳を傾け給いました。また、あなたは、あなたの御名を通じて、御恩寵と御恩恵とによりあなたに望みをかけまつる者の希望を満たし、願いをかなえ給いました。そして御名により、御許しの大海原は御面前に波打ち、御寛容の雲は僕らの上に雨と降り注ぎました。御許しのもとにのみ語り、あなたへの愛のために御聖堂においてすべての持物を放棄する人々に対してあなたは報酬を定め給いましたが、願わくは、あなたを仰ぎ、あなたが命じ給う断食を守るすべての者にも、同様に書き与え給え。

おお、我が主よ、あなた御自身と、あなたの御しるしと、あなたの明白な証跡とあなたの美の昼の星より放射する光明と、あなたの聖き御連枝とにより願いまつる。あなたの御碇を固く守り、御聖典中に命じ給うことを遵守する者の罪過を取り消し給え。神よ、みそなわす通り私は、最も神聖に在し、最も輝かしく、最もみいず高く、最も偉大にましまし、最も高貴に在し、最も栄光に満ち給うあなたの御名にすがりまつり、現世と来たるべき世のすべての者がすがりまつる御衣の裾をしっかりと握りしめております。

バハオラ

おお主なる神に賛美あれ。暗黒を光明と化し、人々が絶え間なく集う神殿を築き、書き記された書簡を現わし、繰り広げられた巻物のおおいを取り除いたこの啓示により嘆願いたします。私と、私とともにいる者らに、卓越した御光の天上に舞い上がることを可能ならしめるものを下し与え給え。そして、疑い深い者があなたの唯硅の聖堂に入るのに障害となるような疑念の痕跡を洗い清め得るものを私どもに授け給え。

おお我が主よ、私はあなたの御慈愛の御綱をしっかりと握りしめ、御慈愛と御恩恵の御裾にすがりまつる者であります。私と、私の愛する者らに現世と来たるべき世の良きものを授け給え。そして、創造界の最も優れた者授け給う隠された賜物を彼らにも定め与え給え。

おお我が主よ、いまはあなたが僕らに断食を守るよう命じ給いました日々であります。あなた以外のすべてのものを完全に超越し、ひたすらあなたのために断食を守る者に祝福あれ。主よ、あなたに従い、御戒めを守ることができますよう私と他の僕らを共に助け給え。まことにあなたは欲するがままになし得る御力の御方に在します。

あなたの他に神はいまさず、あなたは全知にして聡明なる御方に在します。諸々の世の主にまします神に賛美あれ。

バハオラ

おお我が神よ、今はあなたが僕らに断食を守るよう命じ給いました期間であります。これをもってあなたは創造物に示された捉の書の序文を飾り給い、天と地のすべてのものの面前で御命令の宝庫に装飾を加え給いました。あなたはこの期間の一刻刻に対し、万物を包含する知識を持ち給うあなた以外には、誰も計り知ることのできない特別の効力を授け給いました。またあなたは御定めの書と、あなたの不変の審判の聖典とに従い天天に対し、この効力の分け前を与え給いました。更にあなたは地上の諸々の民に対し、これらの書や聖典の一頁一頁を割当て給いました。

おお支配者の中の支配者にまします君よ。あなたを切に愛しまつる人々のために、あなたは御定めに従い、日毎夜明けの時刻にあなたへの思慕の聖盃を用意し給いました。ここに集う者はあなたの御豊かな御英知の美酒に酔うあまり、あなたをたたえまつり、御美徳をほめまつろうとあこがれて床を離れあなたの御前に近づき、御恩恵にあずかりたい一心に眠りを振り捨てた者らであります。彼らの眼は常にあなたの御慈愛の曙に注がれ、彼らの顔はあなたの御霊感の源に向けられております。あなたの御慈悲の雲から御寛容と御恩寵の天上にふさわしいものを私どもの上に、また彼等の上に降り注ぎ給え。

おお我が神よ、御名に賛美あれ。今こそは創り給いましたものらの面前に御恩龍の御邸を開き、地上に住むすべてのものに、おいたわりの御慈悲の門戸を広く開放し給うた時刻であります。あなたの聖道に血を流したすべての者により願いまつる。彼らこそはあなたを熱望するあまり、あらゆる創造物への執着を断ち、あなたの御霊感の甘美なる芳香に恍惚となるあまり、全身を通じて声高らかにあなたを讃美しあなたの御記憶に感動する者らであります。あなたがこの啓示の中で、変更し得ないものとして定め給いましたことを私どもからお取り上げになりませぬよう願いまつる。この啓示は、あなたと語り合ったモーゼに対し燃えさかる薮が以前宣言したことを、すべての樹木に叫ばせる威力を備えた啓示であります。また、あなたの友なるモハメッドの時代には岩までがあなたをたたえまつったものですが、この啓示では、最も小さな小石まで同じようにあなたを讃美しまつるほどであります。

おお我が神よ、この人々こそは、御恩寵によりあなたとの交流を認められ、あなた御自身の顕示者である御方と親しく語ることを許された者らであります。御心の旋風により四散しておりました彼らを、今やあなたは御自身の下陰に集め給い、あなたの御宮居の境内に入らしめ給いました。彼らを御慈悲の天蓋のもとに住わせ給いましたからには、彼らがその貴い地位にふさわしいものを得ることができますよう助け給え。主よ、あなたのおそば近く侍りながら、あなたの御顔を認めることができず、あなたとの会見を許されながら、御前に至ることのできない人々の中に彼らを加え給わぬよう願いまつる。

おお我が主よ、これらの者はあなたと共にこの最大の牢獄に入り、碇の書と御定めの聖典中であなたが彼らに命じましたところに従い、この牢獄にあって断食を行う僕らであります。それ故彼らが全力をあげてあなたに献身し、あなた以外のすべてのものから完全に離脱することができますよう、あなたの忌み給うすべてのものから彼らを完全に洗い清めるものを彼らに授け給え。

おお我が神よ、あなたの御恩寵と御恩恵にふさわしいものを私どもの上に雨と降らせ給え。そして神よ、命あるかぎり常にあなたを思い、あなたへの愛と共にこの世を去ることができますよう恵み給え。また、あなた以外の何ものも計り知ることのできない、来たるべき諸々の世を通じてあなたの御前に侍ることの恩恵を私どもに授け給え。あなたは私どもの主に在し、諸々の世の主にましまし、天と地にあるすべてのものの神に在します。

おお我が神よ、あなたの御代においてあなたの愛し給う人々の上にいかなることが降りかかったかをみそなわせ給え。御栄光にかけて証言いたします。あなたの領土の至る所で、選び給うた人々の悲嘆の声があがっています。ある者はあなたの国土の不信心な者たちにとらわれ、あなたに近づくことも御栄光の御宮居に到達することもはばまれました。他の者はあなたに近づきながらあなたの御顔を拝することができませんでした。また他の者は、あなたを仰ぎ見ることを切望し、あなたの御宮居の境内に入ることを許されましたが、あなたの創造物が抱く空想と、あなたの民に降りかかった迫害者たちの悪しき行いとが暗幕となり、あなたとの間をさえぎられることを許してしまいました。

おお我が主よ、あなたは今のこの時刻を他のどの時刻にもまさるものとなし給い、そのことを創造界の中で最もより抜かれた人々に伝え給いました。神よ、あなた御自身と、その愛し給う人々により願いまつる。この年の内にあなたの愛し給う者らを高めるものを授け給え。そして更に、この年の内にあなたの御力の昼の星が御栄光の地平線上に輝きわたり、あなたの御主権の威力により全世界を照すことができますようなし給え。おお我が主よ、あなたの大業に勝利を授け給え。あなたの敵をいやしめ給え。そして、私どもに現世と来たるべき世の生活の良きものを書き与え給え。あなたは隠されたものを知り給う真理に在します。あなたの他に神はいまさず、あなたは常に許し給い、御恩恵に満ち給う御方にまします。

バハオラ

おお主よ、わが神よ、あなたに栄光あれ!今は、あなたがすべての者に断食を守るよう命じ給うた期間であります。それを通して、彼らは魂を清め、あなた以外のすべてのものへの執着を捨てることができ、あなたの尊厳の宮廷に値し、あなたの一体性の啓示の座にふさわしいものが、彼らの心から昇ってきますように。おお、わが主よ、この断食が、命を与える水の流れる川となり、あなたが断食に授け給うた功徳をもたらすことができますように。この手段を通して、あなたの僕らの心を清め給え。その僕らは、この世の邪悪によっても、あなたの、この上ない栄光に満ちた御名の方へ向かうことを妨げられることなく、また、あなたが主権と御力と威厳と栄光を付与し給うたあなたの顕示者の到来に付随するあなたの最も輝かしい御しるしを否認した者らの喧騒や騒音によっても断固として動かされなかった者らであります。これらの僕は、あなたの呼び声が届くや否や、あなたの慈悲に向って急いだ者らであり、この世の変異や変遷、あるいは人間的な限界によっても妨げられなかった者らであります。

おお、わが神よ、私はあなたの一体性を証言し、あなたの唯一性を認め、あなたの威厳の啓示の前で謙虚に頭を垂れ、あなたの卓越した栄光の光輝を拝伏する者であります。私は、あなたが御主権と威力を通して人間の目に明らかにし給うた『ご自身』を私に知らしめ給うて以来、あなたを信じまつっております。私は、すべてのものから離脱し、あなたの賜物とご好意の御綱をしっかりと握りつつ、その御方に向かいました。私は、彼の真実性を信じ、また、彼に下されたすべてのすばらしい法と教えの真実性を信じております。私はあなたへの愛のために、また、御命令に従うために断食をしました。そして、あなたへの賛美を舌にし、あなたのお喜びに適うよう断食をやめました。おお、わが主よ、昼は断食をし、夜はあなたの御面前でひれ伏しながら、あなたの真理を否認し、御しるしを信じず、あなたの証言を否定し、ご発言を曲解する者らの中に私を数え給わぬように。

おお、わが主よ、私どもがあなたの御目をもってあなたを認めることができますよう、私の目と、あなたを求めるすべての者の目を開き給え。これは、あなたが、聖なる書で私どもに与え給うた命令であります。その書は、あなたが御命令によって選び、すべての創造物の中から御恩典のゆえに唯一人を選び給い、あなたの御主権を授け、特別に御目をかけ給い、あなたの民へのメッセージを託し給うた御方に下し給うた書であります。それゆえ、おお、わが神よ、あなたに誉れあれ。なぜなら、あなたは、慈悲深くも、私どもがその御方を認めるのを可能になし給い、彼に授けられたことのすべてを認めさせ給い、あなたの書と書簡で約束された御方の面前に達する栄誉を私どもに授け給うたがゆえに。

おお、わが神よ、御覧のように私はあなたを仰ぎまつり、御恵み深い摂理とご寛大の御綱をしっかりと握り、ご慈愛と豊富なご好意の裾にすがっております。あなたの宮廷の境内とあなたの御前の聖域に向かい、あなたへの愛ゆえに断食を守った僕らに定め給うたものに達したいという私のこの望みを壊し給わぬよう、嘆願いたします。おお、わが神よ、私から出てくるものはすべて、あなたの御主権にはまったく値しないものであり、御威厳の前に達し得るものでないということを告白いたします。にもかかわらずなお、私は懇願いたします。この啓示において、また最も優れた名称の栄光において、すべての創造物にご自身を啓示し給うたその御名により、また、最も光輝ある御名を通してあなたの美を顕し給うたその啓示により、御心の右手から流れ出たご慈悲の美酒と、ご好意の清らかな飲物を私に飲ませ給うように。それにより、私があなたに視線を据え、あなた以外のすべてから離脱し、この世とそこに創られたすべてのものを、あなたにとって創る価値もない、はかなく過ぎ去る日として見ることができますように。

おお、わが神よ、さらに私は懇願いたします。私共を罪の悪臭から洗い清める雨を、御心の天とご慈悲の雲から降らせ給え。おお、御自身を慈悲の神と名乗り給う君よ!まことに、あなたは最も力強く、栄光に満ち、憐れみ深い御方に在します。

おお、わが主よ、あなたを仰ぎまつる者をしりぞけ給うな。また、あなたのお側に近づいた者をあなたの宮廷から遠ざけ給うな。御恵みと御恩寵を求めて熱望の手をさしのべる歎願者の望みを打ち砕き給うな。また、忠実な僕らから、あなたの驚くべきご慈悲とご慈愛を取り上げ給うな。おお、わが主よ、あなたは許し給い、最も恩寵深き御方におわします!あなたは御心のままになす力を持ち給う。あなた以外のすべてのものは、あなたの御威力の顕現の前では無力になり、あなたの富の証拠に出会えば消えうせてしまい、あなたの超越した御主権の顕示と比べれば皆無に等しく、あなたの御権威の象徴と御しるしに直面すればまったく力を失ってしまいます。おお、わが主よ、あなたの他に、私が逃げ込める避難所がありましょうか、また、急ぎゆくことのできる安全な場所がありましょうか。いや、あなたのご威力が私の証人です。あなたの他に保護者はなく、逃げ場所はなく、避難所もありません。おお、わが主よ、あなたを記憶し、称えまつることの聖なる甘さを私に味わせ給え。ご威力にかけて誓いまつる!その甘さを味わう者はみな、この世とそこにあるすべてから身を引き、あなた以外のすべての記憶から清められてあなたへ顔を向けるでしょう。

おお、わが神よ、あなたの御名を称えることができますよう、あなたの驚くべきご記憶をもって、私の魂を鼓舞し給え。あなたの御言葉を読みながら、あなたの、隠された贈り物を見つけることのできない者らの中に、私を数え給うな。その贈り物とは、あなたの定め給うところにより、御言葉の中に収められ、あなたが創り給うたものらの魂と僕らの心を活気づけるものであります。おお、わが主よ、あなたの日々に漂った甘美な香りで奮起させられたため、あなたに命を捧げ、あなたの美を拝したいという思いと、あなたの面前に達したいという切なる願いゆえに、死の舞台に急いだ者ら――そのような者らの中に私を加え給え。そして、その途上で、「汝いずこへ行くや」と問う者があれば、彼らはこう答えましよう、「すべての所有者におわし、危難の中の救助者に在し、ご自力で存在し給う御方である神のもとへ!」と。

あなたから顔を背け、あなたに対して傲慢に振舞った者らが犯した罪も、彼らがあなたを愛しまつり、あなたの方へ顔を向け、ご慈悲の方向に向かうことを妨げることはできません。これらの者は、天上の群集により祝福され、諸々の永遠の都市の住民らから称えられた者らであり、あなたの最も崇高なるペンにより「これらこそは、バハの人々である!彼らを通して、導きの光の輝きは放たれた」と額に記されている者らからも称えられている者らであります。変えることのできない『書簡』には、あなたのご命令と御心によりこのように定められております。

それゆえ、おお、わが神よ、彼らの偉大さと、生存中、また死後に彼らの周りを回った者らの偉大さを宣言し給え。創造物の中の廉直な者らのために定め給うたものを、彼らに授け給え。あなたはすべてをなす力を持ち給う御方におわします。あなたの他に神はいまさず、あなたは、力に満ち、危難の中の救助者であり、威力あふれ、最も恩寵深き御方におわします。

おお、わが主よ、私共の断食を、この断食をもって終らせ給うな。また、この聖約をもって聖約の終りとなし給うな。あなたへの愛とあなたのお喜びのために私共がなしたことのすべてを受け入れ、邪悪で堕落した欲望に屈服したために私共がやり残したことをも、やったことと見なし給え。そして、私どもを、あなたの愛とお喜びにしっかりとすがりまつるようになし給え。また、あなたを否定し、あなたの最も輝かしい御しるしを拒んだ者らの危害から私どもを守り給え。まことに、あなたは現世と来たるべき世の主に在します。あなたの他に神はいまさず、あなたは最も崇高にして、最も高遠なる御方におわします。

おお、主なるわが神よ、『最初の点』にして聖なる神秘、不可視の本質、神性の曙、御主権の顕示者である御方を称え給え。彼を通して、過去と未来のすべての知識は明らかにされ、あなたの隠された英知の真珠は披露され、あなたの秘蔵の名前は明かされました。また、あなたは、『存』と『在』という文字を結びつけ、結合させた『御方』の告知者として、彼を定め給い、彼を通して、あなたのご威厳とご主権とご威力は知らされ、御言葉が下され、法律が明確に示され、御しるしが四方へ広められ、御言葉が確立され、あなたが選び給うた者らの心が顕にされ、天と地にあるすべてのものが集められました。また、あなたは、彼を、名称の王国においてはアリ・ムハムマドと呼び、変えることのできない命令の書簡では霊の中の霊と呼び給い、彼にあなたご自身の称号を付与し給いました。また、あなたのご命令とご威力とにより、他のすべての名称が彼の名称へ戻りました。そしてあなたは、あなたのすべての属性と称号が彼のなかで最終的な完成に達するようにされました。あなたの眼に見えぬ世界と諸々の聖別された都市の中の汚れなき幕屋に隠された諸々の名称もまた、彼らに属するのであります。

さらに、あなたの一体性を、後に現われた顕示者のうちに認めた人々の中から、彼を信じ、彼

のみしるしを信じ、彼に向かった者らを高め給え。その顕示者こそは、彼によって著わされた書簡、聖典、教典に述べられた顕示者であり、彼に下されたすべてのすばらしい聖句や、宝石のような言葉を通じて語られた顕示者である。あなたは彼にこう命じ給いました。自分の聖約を確立する前に、後に現われた顕示者の聖約を確立しなさい。バヤンの書が誉め讃えているのは、この顕示者である。その書の中で、彼の優秀性が賛美され、彼の真実性が確立され、彼の主権が宣言され、彼の大業が完成されました。彼に向かい、彼が命じられたことをなした者は幸いなり。おお、諸々の世界の主に在し、あなたを知るすべての者らの望みにまします君よ!

あなたに賛美あれ、おお、わが神よ!なぜなら、あなたは、私どもが彼を認め、愛することを援助し給うたがゆえに。それゆえ、彼にかけて、またあなたの神性の曙らにかけて、そして、ご主権の顕現者たち、ご啓示の宝庫、ご霊感の貯蔵庫らにより懇願いたします。私どもが彼に仕え、従うことができるようなし給え。また、彼の大業を援助し、彼の敵たちを追い払うことができますようになし給え。あなたは、お望みのままにすべてをなす力に満ち給う。あなたの他に神はいまさず、あなたは全能者におわし、栄光に満ち給い、すべての者が援助を求める御方におわします。

バハオラ

おお主よ、わが神よ、あなたに誉れあれ。私どもは、ご命令に従って断食をし、あなたへの愛とお喜びにより、今、断食を破ります。おお、わが神よ。あなた以外のあらゆるものから解放され、あなたの大業に顔を向け、あなたの美のためにのみ、あなたの道において私どもがなした行いを、どうぞ受け入れ給え。そして、私どもと私どもの祖先に御許しを下し給え。また、この最も偉大で、最も栄光に満ちた『啓示』において、あなたを信じ、あなたの強大なるみしるしを信じた者すべてに御許しを下し給え。あなたは、選択する御力を持ち給う。まことにあなたは、最も崇高なる御方におわし、全能なる御方、抑制されぬ御方におわします。

バハオラ

おお神よ、わが神よ、あなたに誉れあれ。今は、あなたが選び給うた者、愛し給う者や僕らに断食を命じ給うた期間であります。あなたは、断食をあなたの王国の民への光となし給いました。ちょうど、必須の祈りを、あなたの統一性を認める者らが上昇する梯子となし給いましたように。おお、わが神よ、あなたが全人類の栄光と栄誉として定め給いましたこれら二つの強力な柱により、懇願いたします。あなたの宗教を、不信心な者らの危害と、邪悪な行いをなすあらゆる者の企みから守り給え。おお主よ、あなたの御力と無限力により示し給うた光を隠し給うな。そして、あなたを真に信じる者らを、ご命令とご主権とにより、目に見えるものと見えざる万軍をもって援助し給え。あなたの他に神はいまさず、あなたは全能者におわし、最も力に満ち給う御方におわします。

バハオラ

おお神の摂理よ。私は肉体の欲望を断ち、飲食へのとらわれを断っております。同じように、私の心をあなた以外のものへの愛から清め、清浄なものとなし給え。また私の魂を堕落した欲望と悪の属性から守り、庇護し給え。そうすれば私の精神は聖なる息吹と交り、あなた以外のことは一切口にしないでありましょう。

アブドル・バハ