女性の故人の祈り

女性の故人の祈り

おおわが神よ。おお罪を許し、苦難を取り払い給う御方よ。おお容赦なさる、慈悲深き御方よ。私は嘆願の手をあなたに向かって上げ、聖なる御本質の宮廷に手涙を流しながら懇願しております。真理の座へ昇っていった侍女を、ご慈悲と御容赦を通して許し給え。おお主よ。御恩恵と御好意の雲により彼女を覆い、お許しと御温和の大海に浸し、聖別された住処なるあなたの天なる楽園に入るのを可能になし給え。

あなたはまことに、強大なる御方、憐れみ深き御方、寛大なる御方、慈悲深き御方におわします。

アブドル・バハ

おお主よ。ご慈悲は全てを取り囲み、御許しは超越し、御恩恵は荘厳であり、御容赦と御寛大は全てを包み込み、御許しの光は世界中に放散されました。おお栄光の主よ。涙流し、熱烈に懇願いたします。あなたのもとへ昇っていった侍女に、御慈悲の視線を投げかけ給え。天なる楽園の飾りでまばゆい御恵みの衣で彼女を包み給え。そして、御一体性の樹の下にかくまい、御慈悲と御憐れみの光で彼女の顔を明るくなし給え。

おお神よ。あなたの天なる侍女に、御許しの精神から生じた聖なる芳香を授け給え。至福の住処に住むのを可能になし、あなたとの再会という香油で癒し、御意思に応じて、聖なる楽園に入るのを許し給え。御慈愛の天使たちが次々と彼女のところへ降り立つようなし給え。そして御祝福の樹の下にかくまい給え。あなたはまことに、常に許し給う御方、最も寛大なる御方、全てに恩寵深き御方におわします。

アブドル・バハ

おお親切なる主よ。この愛されし侍女はあなたに魅せられ、沈思と識別を通してあなたの面前に達し、御領域に入りたいと望みました。涙を浮かべて神秘の御国へ視線を据えました。数多くの夜、あなたと深く会話し、数多くの日々、あなたを親密に記憶して過ごしました。さえずるナイチンゲールのように彼女は聖句を唱え、鏡のように御光を反映しようとしました。

おお罪を許し給う御方よ。この目覚めた魂が御国へ入るための道を開き給え。そして、この鳥があなたの御手により訓練され、永久のバラ園に舞い飛びますように。彼女はあなたに近づくために燃え上がっております。御面前に達せるようになし給え。彼女はあなたからの別離のために気も狂わんばかりであります。天なる館に入れるようになし給え。

おお主よ。我らは罪人であり、あなたはお許しになる御方におわします。我らは短所の海に浸っており、あなたは容赦なさる方、親切なる御方におわします。我らの罪を許し、豊富な目御恵みにて祝福し給え。御顔を眼にする特権を与え、歓喜と至福の杯を授け給え。我らは自らの逸脱の虜です。あなたは恵み深く御好意の王です。われらは不公平の海に溺れており、あなたは限りない御慈悲の主です。あなたこそはお与えになる御方、栄光ある御方、永久なる御方、恩寵豊かな御方におわします。また、全てに恵み深き御方、全てに慈悲深き御方、全能者、贈り物を授け、罪をお許しになる御方におわします。まことに、あなたこそは、短所を赦免してくださるよう我らが向かう御方、主の中の主におわします。

アブドル・バハ