故人

故人のための会衆の祈り

(この「故人のための祈り」は、バハイで唯一の会衆の祈りである。一人で唱えるが、他の者は沈黙のうち、立ったままの姿勢である。バハオラは、この祈りは故人が15歳以上である時のみ必須とされ、埋葬の前に唱えられ、唱える間にケブレを向く必要はないと述べておられる。アラホアブハを一度言ってから、1行目の成句を9回唱え、次にアラホアブハを一度言い、2行目の成句を19回唱える。このようにして6行目まで唱える)。

おお我が神よ、これはあなたの僕であり、あなたの僕の息子であります。彼はあなた御自身と、あなたの証跡とを信じ、あなたに面を向け、あなた以外のすべてのものを超越いたしました。まことにあなたは慈悲ある者の中の最も慈悲深き御方に在します。

人々の罪を許し、人々の罪過をおおいかくし給う神よ。御恵沢の天上と、御恩寵の大海原に似合うままにこの僕をあしらい給え。天と地の創造以前より続く崇高なる御慈悲の領土に入ることをこの僕に許し給え。あなたの他に神はいまさず、あなたは常に許し給い、最も寛大なる御方に在します。

次に「アラホ・アブハ」を六回、以下の節をそれぞれ十九回ずつ唱えよ。

我らみな、まことに神を礼拝しまつる。

我らみな、まことに神の御前に額ずきまつる。

我らみな、まことに神に献身しまつる。

我らみな、まことに神を讃美しまつる。

我らみな、まことに神に感謝しまつる。

我らみな、まことに神を信じ、耐え忍びまつる。

(死者が女性の場合、「これはあなたの侍女であり、あなたの侍女の娘であります……」という様な具合にすべての箇所を言いかえる。)

バハオラ

故人のための一般の祈り

おお主なる我が神に栄光あれ。不朽の御主権の努により高め給いました者を卑しめ給わず、永遠の幕屋に召し給いました者をあなたから遠く移し給うな。おお我が神よ、御支配のもとにかばい給いました者をあなたは見捨て給うでしょうか。おおあこがれの君よ、あなたのもとに避難所を得た者をあなたは追放し給うでしょうか。御自ら引き上げ給いました者にあなたは屈辱を与え給うでしょうか。あなたがあなたのこと思い起させ給いました者を、あなたはお忘れになることができましょうか。

限りなき栄光に輝く主よ、あなたはいにしえよりの全宇宙の王に在し、その最初の原動力にまします。そしてあなたは未来永劫を通じて森羅万象に君臨し給う王に在し、命令者にまします。おお我が神よ、神に栄光あれ。もしあなたが僕らに御恵みを垂れ給うことをおやめになれば、誰が代わって彼らに憩悲を示すでありましょうか。もしあなたが愛し給う者らを救うことを拒み給えば、誰が代わって彼らを救うことができましょうか。

計り知れぬ大いなる栄光に輝き給う御方よ。あなたは真実なるが故に敬愛され給う。まことにあなたを崇拝いたします。あなたはあなたの正義において明白に在します。まことに私どもは皆あなたに向って証言いたします。実にあなたは御恩寵深きが故に敬慕の的に在します。あなたの他に神はいまさず、あなたは危急の場の救助者に在し、御自力にて存在し給う御方にまします。

バハオラ

彼こそは神に在します。神は崇高に在し、御慈愛と御恵みの主にまします。

おお我が神よ、無限の御力を持ち給う主よ、あなたに栄光あれ。あなたが全能者に在し、みいず高くましますことを証言いたします。また、あなたの御主権、御恩寵、御存在の御威力を、また、御存在の唯一なることと、御真髄の一体なることを、そしてあなたが神聖に在し、創造の世界とそのすべてのものをはるかに超越し給うことを証言いたします。

おお我が神よ、あなた以外のすべてのものを離れ、あなたに固くすがり、御恵みの大海原に向い、御恵沢の天上と、御恩寵の昼の星を仰ぎ見る私をみそなわせ給え。

主よ、あなたが僕に信頼をおき給い、その同じ精神で世に生命を与え給いましたことを証言いたします。

御啓示の天体の輝きにより嘆願いたします。僕があなたの御代において成し遂げましたことを、あふれる御慈悲により受け入れ給え。そして僕があなたの御心に召すことの栄光にあずかり、あなたの御承認をもって飾られますよう恵み給え。

おお我が神よ、私とすべての創造物は皆共にあなたが御威力に満ち給うことを証言いたします。あなたのもとへとのぼり、あなたの天上の聖所と至上の楽園へとあがり、あなたのおそぱ近い避難所へと昇天したこの魂をあなたのもとから退け給わぬようお祈りいたします。全人類の主にまします神よ。

おお我が神よ、筆舌に尽せぬ天上の聖所においてこの僕があなたの選び給うた人々や、聖者たちや使徒らと共に親しく交わることができますよう恵み給え。

おお我が主よ、この貧しい者はあなたの富の王国に向い、この旅人はあなたの御境内にある我が家へと急ぎ、渇きにあえぐこの者はあなたの御恩恵の天上の流れに向って旅立ちました。おお主よ、御恩寵の宴の分け前と、御賜物の御恵みを彼に拒み給うな。まことにあなたは全能者に在し、御恩寵深く、限りなき御恵みの御方にまします。

おお我が神よ、預け給いました者があなたのもとへと返されました。新しく迎かえられた者にあなたの御賜物と御贈物を授け、御恩寵の木の実を与え給うことは天地の領土を包囲しているあなたの御恩寵と御恩恵にふさわしいことであります。あなたは御心のままになし給う御力の御方にまします。あなたの他に神はいまさず、あなたは恩寵深き御方に在し、御恩恵に満ち、哀れみ深き御方にまします。また、あなたは与え給い、許し給う御方に在し、いと貴く、すべてを知り給う御方にまします。

おお我が主よ、ここに証言いたします。あなたは人々に賓客を敬うことを命じ給いました。そしていまやあなたを目ざして昇天いたしました者は、まことにあなたのもとに届き、あなたの御前に到達いたしました。願わくは御恩寵と御恵沢とにかなうようこの僕をあしらい給え。御栄光にかけて申します。僕らに命じ給いましたことをあなた御自身が拒み給うことや、御恩恵の御綱に縋り、あなたの富の曙にのぼりました者を退け給うことは決してないと確信しております。

あなたの他に神はいまさず、あなたは唯一無二に在し、限りなき御力の御力にまします。あなたはすべてを知り給い、恵沢多き御方にまします。

バハオラ

おお我が神よ、罪を許し給う御方よ。賜物を授け給う御方よ。苦しみをぬぐい去り給う御方よ。

肉体の衣を捨て、霊の世界にのぼった人々の罪を許し給うよう切に嘆願いたします。

おお我が主よ、彼らを罪汚から清め給い、彼らの悲しみをぬぐいさり、彼らの暗黒を転じて光明と化し給え。そして彼らに至上の頂に映えるあなたの御光を仰がせ給え。

アブドル・バハ

おお我が神よ、我が神よ。まことにあなたの僕は、あなたの聖なる至高性の荘厳さの御前でへりくだり、あなたの唯一性の御扉の前で身分卑しい者でありますが、彼は、あなたを信じ奉り、あなたの聖句を信じ、あなたの御言葉を証言し、あなたの愛の火に灯され、あなたの知識の大洋の底深く身をしずめ、あなたの微風に魅惑され、あなたに頼り、あなたに顔を向け、あなたに嘆願し、あなたの御寛恕と御許しを確信しております。この僕は、この有限の生命を放棄し、あなたに会うことの恩寵を望みつつ、無限の王国へ飛び立って行きました。

おお主よ、彼が神秘の世界の海に飛び込むことができますよう彼の地位をたたえ、あなたの至上の御慈悲の王宮の下に彼を庇護し給え。そして、あなたの栄誉ある楽園に彼を導き入れ、あなたの卓越したバラ園での彼の存在を永遠なものとなし給え。まことにあなたは寛大にして御力強く、許し給い、与え給う御方に在します。

アブドル・バハ

おお、許し給う主なる御方よ。ある魂たちは、人生の日々を無知のうちに過ごし、疎遠になり、反抗的になりました。しかし、あなたのお許しの大海からのひとつの波さえあれば、罪により取り囲まれている者らは全て、自由になることでしょう。あなたは、お望みになれば、誰とでも親友となり給う。また、あなたのご選択の対象にならない者はだれでも、違反者と見なされるのであります。あなたが、正義を持ってあしらい給えば、わたしどもはみな、罪びとに他ならず、あなたから閉め出されるに値するのであります。しかし、御慈悲を支持し給えば、あらゆる罪人は、純潔になされ、あらゆる見知らぬ者は友となされましょう。それでは、あなたのお許しとご容赦を授け給え。また、ご慈悲を全ての者に垂れ給え。

あなたは、お許しになる方、光を与え給う方、万能者におわします。

アブドル・バハ