女性

女性

おお、あなたの御顔はあなたを切望するすべての者の崇敬の的であります。あなたのご存在は御心に完全に献身的な者らの希望であります。あなたのおそば近くにいることは宮廷に近づいたすべての者の望みであります。あなたの御顔はあなたの真理を認めた者らの伴侶であり、あなたの御名は御顔を見たいと切望する魂たちの動者であります。あなたのお声はあなたの愛し給う者らの心の生命であり、あなたの御口からの言葉は天と地に住むすべての者にとって生命の水であります。

あなたが耐え給うた虐待と、あなたに対して不当な仕打ちをした者らの軍勢があなたの身に降りかけた災難とにより懇願いたします。あなたに関わりのないすべてのものから私を清めるものを御慈悲の雲より私に下し給え。それにより私が、あなたを賛美するに値し、あなたを愛するにふさわいものとなれますように。

おお、わが主よ、あなたの周りを回る侍女たちにあなたが定め給うたものを私から引き離し給うな。その侍女たちには、あなたの美の太陽の光輝と御顔の明るさの光線が常に降り注ぎました。あなたは、あなたを追い求めた者をみな永遠の古より救い給いました。また、あなたを求めた者に恵み深く恵沢を示し給いました。

あなたの他に神はいまさず、あなたは強大なる御方、永続する御方、すべてに恵み深き御方、最も寛大なる御方におわします。

バハオラ

あなたに栄光あれ、おお、わが神よ。わが顔はあなたの御顔に向けられております。まことに、我の顔はあなたの御顔であり、我の呼び声はあなたの呼び声であります。わが啓示はあなたの啓示であり、我自身はあなたご自身であります。わが大業はあなたの大業であり、わが命令はあなたのご命令であります。わが存在はあなたのご存在であり、わが主権はあなたのご主権、わが栄光はあなたのご栄光、わが力はあなたの御力であります。

おお、もろもろの国の形成者であり、永遠の王なる御方よ、我は懇願いたします。あなたの侍女たちをあなたの純潔の幕屋の中で守りたまえ。また、御代にふさわしくない彼女らの振る舞いを取り消し給え。そして、おお、わが神よ、彼女らから、すべての疑いと愚かな空想とを洗い清め、あなたに似つかわしくないすべてのものから彼女らを聖別し給え、おお、諸々の名称の主にして、発言の源なる御方よ。あなたこそは、全創造界を支配し給う御方におわします。

あなたの他に神はいまさず、あなたは全能者におわし、最も崇高なる御方、栄光に満ちた御方、ご自力にて存在し給う御方におわします。

バハオラ

あなたに栄光あれ、おお主よ、わが神よ。あなたの愛の火は、あなたの一体性を認めた者らの心を燃え立たせました。また、あなたの御顔の光輝は、あなたの宮廷に近づいた者らの顔を明るく照らしました。おお、わが神よ、御知識の小川の水は、何と豊かなことでしょう。おお、わが敬愛する御方よ、私が、あなたへの愛において、また、あなたのお喜びのために、邪悪なる者らの投げる矢から受ける傷は何と心地よいものでありましょう。また、私が、あなたの道において、信教を宣言するために不信心な者らの剣から受ける傷は何と快いものでありましょう。

あなたの御名を通して、あなたは、不穏を平穏に変え給いました。また、恐れを自信に、弱さを強さに、そして屈辱を栄光に変え給いました。その御名により懇願いたします。私と、あなたの僕らが御名を称賛し、あなたのメッセージを伝え、大業を宣布できるよう、御恵みにより助け給え。それにより、私共が、法令に背く者らの攻撃や、不信心な者らの激怒に動じることなきよう、おお、私の敬慕しまつる御方よ。

おお、わが主よ、私はあなたの侍女であります。あなたの呼び声に耳を傾け、あなたの元へ急ぎ、自分を捨て、あなたに心を据えました。おお、わが主よ、地上のすべての宝はあなたの御名から現れ出でました。その御名により嘆願いたします。あなたを信じず、あなたの真実性を否定した者らのささやきから私を保護し給え。

あなたは、御心のままになす御力を持ち給う。まことにあなたは、すべてを知り、すべてに賢き御方におわします。

バハオラ

御名に誉れあれ、おお主よ、わが神よ。ご慈悲の不思議を視ることを欲する私の目をみそなわせ給え。あなたの甘美なる旋律を聞こうと切望する私の耳を、また、あなたの知識の活水を願望する私の心を見そなわせ給え。おお、わが神よ、あなたは、あなたの侍女がご慈悲の住まいの御前に立ち、あなたの御名であなたを呼んでいるのを見給う。その御名は、あなたが、他のすべての名称を越えて選び給い、天と地にあるすべてのものの上に置かれたものであります。ご慈悲の息吹をその侍女に下し給え。それにより、彼女が自分を完全に忘れ去り、ひたすらあなたの玉座に引きつけられますように。その玉座は、あなたの御顔の栄光で輝き、ご主権の輝きを遠方へ放つ座であり、あなたの座として定められているものであります。あなたは、御心のままになし給う御力の御方におわします。あなたの他に神はいまさず、あなたは栄光に満ちた御方、最も恩恵深き御方におわします。

おお、わが主よ、あなたを求めた者らを見捨て給わず、あなたに歩みを向けた者らを追い払い給わぬよう、そして、あなたを愛する者らすべての者らへの恵みを奪い給うことなきよう懇願いたします。おお、わが主よ、あなたはご自身を慈悲の神、最も哀れみ深き者と称し給うた御方におわします。それゆえ、あなたの避難所を求め、あなたに顔を向けた侍女に慈悲を垂れ給え。

まことに、あなたは常に許し給う御方、最も慈悲深き御方におわします。

バハオラ

万物は、畏怖の念を抱かせるほどのあなたの威厳の前で震えました。すべての人間の諸事があなたの手中に収められ、あなたのすべての創造物の顔が御恵みとご慈悲に向けられています。おお、あなたは、あなたの御名を名称の王国にあるすべての名称の精神と定め給いました。その御名にかけて懇願いたします。あなたの名称の王国を振動させたこの啓示において、あなたから背き、あなたの最も威厳ある、最も崇高なるご自身を否定した者らのささやきから私どもを守り給え。

私はあなたの侍女のひとりであります、おお、わが主よ。私は、恵み深いご恵沢の聖域と、崇敬されたご栄光の幕屋に顔を向けました。あなたに関わりないすべてのものから、私を清め給え。また、あなたを愛し、あなたのお望みを満たすことができますよう、私を強くなし給え。それにより、私があなたの美について熟考することに喜びを見出し、あなたの創造物に対するすべての愛着を断ち、あらゆる瞬間に、「諸々の世界の主なる神に誉れあれ。」と宣言することができますように。

おお、わが主よ、あなたの美を私の食べ物となし給え。また、あなたのご存在と光を私の飲み物となし、あなたのお喜びを私の希望となし給え。あなたの賛美を私の勤めとなし、あなたを思いまつることを私の伴侶となし、あなたのご主権を私の助けとなし給え。そして、あなたのお住まいを私の棲家となし、暗幕によってあなたから閉め出された人々の制約より高められた座を私の家庭となし給え。

まことに、あなたは御力の主におわし、強さと栄光の神におわします。

バハオラ

あなたに誉れあれ、おお、わが神よ。あなたの侍女のひとりが、あなたとあなたの御しるしとを信じ、あなたの一体性の木陰に入りました。おお、わが神よ、明白なる御方、隠されたる御方なるあなたの御名により、彼女に、封印されたあなたの選り抜きの美酒を飲ませ給え。それにより、彼女が自分自身を忘れ、あなたを思いまつることに完全に献身し、あなた以外のすべてから全面的に離脱するようなし給え。

おお、わが主よ、今やあなたは、あなたの知識を彼女に啓示し給いました。それゆえ、御恵みによりあなたのご恩寵を彼女に拒み給うな。また、彼女をあなたのもとへ召還し給いましたからには、ご恵沢により彼女をあなたのもとより追い払い給うな。あなたの地上に見出せる、すべてに優るものを彼女に与え給え。まことにあなたは最も恩恵に満ち、大いなる恩寵の御方におわします。

もし、あなたが、創造物のひとつに、天と地の王国に匹敵するものを授け給うたとしても、あなたの領土の広大さが原子ひとつほども減るわけではございません。あなたは、人々が呼び慣れている偉大なる御方という存在よりもはるかに偉大なる御方におわします。なぜなら、そのような称号はあなたの御名のひとつでしかなく、御名のすべてもまた、あなたの御心の表示によって創られただけなのですから。

あなたの他に神はいまさず、あなたは、御力の神、栄光の神、知識と英知の神におわします。

バハオラ

おお、わが神よ。ご覧のように、あなたに背を向けた人々の悪事は、僕らをあなたのご神性を現わす御方から隔てております。おお、わが主よ、彼らを私事に溺れさせるものを彼らに下し給え。そして、彼らの暴力を彼ら自身の間に閉じ込め、この地とそこに住む人々に平安を与え給え。

おお、わが神よ、あなたの侍女のひとりが、あなたの御顔を求め、あなたのお喜びの大空を舞っております。おお、わが主よ、侍女らの中の選ばれし者らに定め給うたものを彼女から差し控え給うな。また、彼女があなたのご発言に強く引きつけられるようになし給え。それにより、彼女はみなの間であなたをほめたたえることでありましょう。

あなたは、お望みのままになす力を持ち給う。あなたの他に神はいまさず、あなたは全能なる御方にして、すべての者が援助を求める御方におわします。

バハオラ

おお主よ、我が主よ、私はあなたに祈り嘆願するあなたのとらわれ人となった者であります。まことにあなたは、私をあなたの明白な御国へと導き、私には力ないこの世においてあなたの高遠なる呼び声を聴かせ給い、そしてすべてを征服する御代の出現を証明するあなたの御しるしを見させ給います。あなたの取るに足らない侍女であります私に垂れ給うこの大いなる御恩恵に対し讃美をささげ感謝しまつる。おお我が主よ、私の胎内に宿る子をあなたにささげまつる。故に、この子をあなたの御国で賞讃に値する者とならしめ、あなたの御恩恵と広やかな御心により幸福な者となし給え。そして、あなたの御教えのもとではぐくみ成長させ給え。まことにあなたは恩寵深き御方に在します。まことにあなたは偉大なる御恩恵の主にまします。

アブドル・バハ