奉仕

奉仕

おお神よ、すべての名称の神、諸々の天の造物主よ。強大と御力の曙なる御方の顕現を可能にし、あらゆる固体が流れ、あらゆる死体が蘇り、あらゆる動く精神が確証を受けた、その御名により懇願いたします。あなた以外のあらゆる者からの愛着を断ちたまえ。また、大業に仕え、あなたの御主権の力を通して望みたもうたことを望み、御心にかなったことをなせるようになし給え。

おおわが神よ、さらには、あなた以外なしで済ませるよう私を豊かにするものを定めたまえ。おおわが神よ、あなたは、私の顔があなたの方を向き、御恵みの綱にしがみつくのをみそなわせ給う。ご慈悲を下したまい、選ばれし者らに書き記したもうたことをわたしに書き記したまえ。あなたはお望みのままになす力を持ち給う。あなた以外に神はいまさず、あなたは常に許し給う方、すべてに恵み深き御方におわします。

バハオラ

pp.159-162

おおわが神よ。私はあなたに感謝を捧げるものであります。なぜなら、御愛情あるご親切の芳香は私を魅惑し、ご慈悲の優しき風は御恩恵の方へ私を引き寄せたからであります。おおわが主よ。御慈愛の指から、生きた水を私に飲ませ給え。その水とは、それを飲むあらゆる者が、あなた以外のすべてから超脱し、全創造物から離脱するという大空へ舞い上がり、愛情ある御摂理と多様なる贈り物とに眼を据えるのを可能にしたのであります。

おおわが主よ。全ての状況において、私があなたに仕え、あなたの啓示と美という崇敬されし聖域の方へ私を向かわせ給え。御意向にかなうならば、御恵みの牧草地の若木として成長させ給え。それにより、御意志の微風が私を呼び起こし、御意向にかなうようにさせますように。また、わが動きと静止とが、あなたにより全く統制されますように。

あなたの御名を通して、「隠されたる秘密」が明かされ、「大事に秘められた御名」が明示され、しっかりと封をされたゴブレットの栓が開けられ、その芳香が過去と未来の創造物の上に放散されたのであります。おおわが主よ。喉の渇いた者は、御恵みの生きた水に預かろうと急ぎ、惨めな生き物は御豊かさの大海の下に潜ろうと切望したのであります。

おお主よ、世界に愛されし御方、あなたを認める全ての者の望みなる御方よ。わたしは、御存在の昼の星が、あなたの民の上に輝きを放った日々に、あなたからの別離という悲しみにより苦しめられました。それでは、御顔に目を据え、お許しにより御玉座の宮廷に入り、御命令によりあなたと顔を合わせることのできた者らに定められた報いを、私のために書き記し給え。

おおわが主よ。その光輝が天と地を取り巻いた御名により嘆願いたします。御書簡にて定め給うたことに、わたしが意思を委ねられるようなし給え。それにより、御主権の力を通して、あなたが望み給うたこと以外の望みを、そして、御意志によりわたしに定め給うたこと以外の意思を、わたしが自分の中に見出すのを止めますように。

おおわが主よ。私は弱き者故に、あなたの選ばれし者らの前に示された道以外どこに道を見つけることができましょう。地球の全ての原子は、あなたこそが神であること、あなた以外に神はいまさぬことを宣言いたします。あなたは古より、お望みのままになす力を有し、ご意向どおりに定める力を持ち給う。

おおわが神よ。常にあなたに向かわせるものを私に定め給え。また、私が御恵みの綱に常にしがみつき、御名を宣言し、御筆から流れ出でるものを全て探し求めることを可能になし給え。おおわが神よ。私は貧しく、孤独であり、あなたは全ての所有者、もっとも高遠なる御方におわします。それでは、御慈悲の驚異をもって私を哀れみ給え。また、あなたの一体性を認めた全ての創造物の心、そしてあなたに全く献身的なあなたの全ての民の心を再創造した事柄を、わが人生のあらゆる瞬間に私に下し給え。

まことにあなたは全能者、もっとも崇高なる御方、全てをご存知なる御方、全てに賢明なる御方におわします。

バハオラ