参堂の書(一)

参堂の書(一)

この祈りはバブとバハオラの霊廟において用いられる。また、バブとバハオラに関連する祝祭日にも用いられる。

荘厳なる顕示者に在し、永遠の王にましまし、天と地にあるすべての者の主にまします君よ。最も貴いあなた御自身から発せられた讃美と、最も光輝あふれるあなたの美から輝きわたる栄光とをあなたにささげまつる。そして私はここに証言いたします。あなたを通じて神の御主権と御支配、神の尊厳と偉大さは現わされました。また、あなたを通じていにしえより輝く昼の星は、取り消すことのできないあなたの捉の天上を照し、眼に見えざる者の美は創造界の地平線上に輝き出たのであります。更に証言いたします。あなたの筆の一つの動きにより、あなたの、「存在せよ」との御命令が実行され、神の隠された秘密が明らかにされ、万物は存在するに至り、すべての啓示が下されました。

再度証言いたします。あなたの美を通じて敬愛される者の美は明らかにされ、あなたの御顔を通じて求められる者の御顔は光り輝きました。そして、あなたの発せられた一言によりあなたはすべての創造物に審判を下し給い、それによりあなたに献身する者は栄光の頂にのぼり、不信仰な者は深い淵に陥りました。

あなたを知る者は神を知る者、あなたの御前に至る者は神の御前に至る者でありますことを証言いたします。それ故に、あなたを信じ、あなたの御しるしを信じ、御主権の前にひれ伏し、あなたと会うことの名誉にあずかり、あなたの御心にかない、あなたのおそば近くはべり、あなたの王座の前に立つ者の幸せはまことに大いなるものであります。あなたにそむき、あなたを否認し、御しるしを否定し、御主権に反ぱくし、あなたに敵対し、あなたの御前で虚勢を張り、あなたの証言に対し異論を唱え、あなたの御統治と御支配を逃れ、あなたの御指令の指により、あなたの聖の書簡にその名が記された不信仰な者たちの中に数えられる者に災いあれ。

おお我が神よ、慕いまつる君よ。あなたの御恵みと御慈愛の右手から私の上に御恩恵の息吹を漂わせ給え。そしてそれにより私を自我と現世から引き離し、あなたのおそば近く、あなたの御前の御宮居に引き寄せ給え。あなたは御心のままになし給う御力の御方に在します。まことにあなたはすべてのものの上に君臨し給う御方にまします。

おお神の美にまします君よ。神による御記憶と讃美、また神の栄光と光輝とがあなたのもとにささげられんことを。創造界の眼はあなたのように虐げられた者をかつて見たことがなかったと証言いたします。あなたは生涯を通じて日々苦難の大洋に浸っておられました。ある時は鎖につながれ、またある時は敵の剣に脅かされました。しかもこうした中であなたはなお、全知にして聡明なる神があなたに告げ給うことを遵守するようすべての人々に命じ給いました。

あなたの身に降りかかった虐待に対し、私の精神をささげまつる。私の魂もまた、あなたが耐えられた逆境に対する償いとなし給え。あなたと、あなたの御顔から発せられた光の輝きにその面を照らされ、あなたの愛のために、命じられたことをすべて遵守した人々を通じて神に嘆願いたします。あなたと創造物との間をさえぎる暗幕を取り除き、現世と来たるべき世の良きものを私に授け給え。まことにあなたは全能者に在し、最も高貴なる御方にましまし、栄光に満ち給い、常に許し給い、最も哀れみ深き御方にまします。

おお主なる我が神よ。あなたの最も高貴なる名称の続く限り、またあなたの崇高なる属性が持続する限り神聖なるロートの木とその葉とその枝と幹、そしてその芽とを祝福し給え。それを侵略者の危害や、暴虐の軍勢から守り給え。まことにあなたは全能者に在し、最も力強き御方にまします。主なる我が神よ、あなたの御前に参じたあなたの僕らと侍女らを祝福し給え。まことにあなたは御恵みに満ち給い、限りなき御恩寵の御方に在します。あなたのほかに神はいまさず、あなたは常に許し給い、最も寛大なる御方にまします。

バハオラ

参堂の書(二)

この祈りは、アブドル.バハにより著わされたもので、その霊廟において用いられる。また夏の祈りとしても用いられる。また一般の祈りとしても用いられる。

「謙虚な心で、熱意をこめてこの祈りを唱える者は誰であれ、この僕(アブトル.バハ)の心に、喜びと楽しみをたらすであろう。それはまた、この僕と対座することに等しい」

50

神は栄光に満ち給う。

おお神よ、我が神よ、私は涙して、謙虚な気持で嘆願の両手をあなたに差し伸べております。そして賢者の知識も及ばず、あなたを賛美しまつるすべての者の賞讃も及ばぬほど高貴にましますあなたの敷居野の塵に顔をうずめております。御扉の前の、つつましく謙虚なこの僕に御慈悲のまなざしを向け給え、願わくは、この僕をあなたの永遠の御恩寵の大海原に浸らしめ給え。

主よ、これはあなたの貧しく卑しい僕であります。あなたに心うばわれ、嘆願し続け、あなたの御手の中の虜となり、熱烈にあなたに祈り、あなたを信頼し、あなたの御前に涙してあなたを呼び、こう嘆願しております。

おお主なる我が神よ、あなたの愛し給う者らに仕えることができますよう、私に御恩寵を垂れ給え。あなたへの奉仕の道において私を強くなし給え。願わくは、神聖なる御宮居における敬慕の光と、壮大なる御国への祈願の光とで私の額を照し給え。あなたの御扉の聖なる入口の前で私が無我であることができますよう助け給え。あなたの聖域の中で私があらゆる事から超越することができますよう助け給え。主よ、私に無我の聖盃から飲ませ給え。自我なき衣で私を装わせ、無欲の大海原に浸らしめ給え。おお至上の主よ、私をあなたの愛し給う人々の通路の塵のごとくなし給え。あなたの道を行く選ばれた人々の歩みによって気高くされた土に私の魂をささげることを許し給え。この祈りをもつてあなたの僕は、朝な夕なにあなたに呼び掛けております。おお主よ、僕の心の願いをかなえ給え。僕の心を明るく照し、その胸を喜ばせ給え。そして、あなたの大業に奉仕し、あなたの僕らに仕えることができますようこの僕の心の火を灯し給え。

あなたは与え給う御方に在します。あなたはお情け深く、御恵沢多く、御恩恵に富み、御恩寵深くまします。そしてあなたは御慈悲深く、哀れみ給う御方にまします。

アブドル・バハ